フクオウソウ 福王草

mark

Flora of Mikawa

キク科 Asteraceae フクオウソウ属

学 名 Nabalus acerifolius Maxim.
Prenanthes acerifolia (Maxim.) Matsum.
フクオウソウの花序
フクオウソウの頭花
フクオウソウの頭花
フクオウソウの総苞
フクオウソウ
フクオウソウの葉
花 期 8~9月
高 さ 30~100㎝
生活型 多年草
生育場所 山地の木陰
分 布 在来種(日本固有種)本州、四国、九州
撮 影 天狗棚  06.9.16
 和名は三重県の福王山に由来する。山地の薄暗い林内に生え、天狗棚での開花は9月中旬以降。
 茎や萼など全体に腺毛がある。葉は互生し、翼がある長い柄につく。葉は長さ幅とも6~10㎝、掌状に3~7裂し、基部は心形。細長い花序の花柄の先にまばらに頭花を下向きにつける。頭花は長さ約2㎝、幅1~1.5㎝、9~13個の舌状花が集まる。舌状花は紫白色、灰色の縦線模様がある。総苞は長さ約10㎜の細い筒形。痩果は無毛。冠毛は鈍い白色~褐色を帯びる。

フクオウソウ属

  family  Asteraceae - genus  Nabalus

 多年草。茎は直立、葉がつく。合成花序は円錐花序、多数の頭花がつく。頭花はしばしば、下向きで、小花を5~25個つける。総苞は狭円筒形~狭鐘形。総苞片は少数列。外総苞片は中心に向かって次第に長くなり、内総苞片の長さの1/2以下。内総苞片はほぼ等長。花托は裸。小花は黄色、淡帯紫色、帯白色、又は帯緑色。痩果は円柱形~狭棒さう異形、5本の弱い~強いうねをもち、2~4本の目立つ2次うねが互生し、先は切形。冠毛は帯褐色のザラつく剛毛。
 世界に約15種があり、アジア東部、北アメリカに分布する。

フクオウソウ属の主な種と園芸品種

1 Nabalus acerifolius Maxim.  フクオウソウ 福王草
  synonym Prenanthes acerifolia (Maxim.) Matsum.
 日本固有種(本州、四国、九州)。和名は三重県の福王山に由来する。山地の薄暗い林内に生える。
 多年草。高さ30~100㎝。茎や萼など全体に腺毛がある。葉は互生し、翼がある長い柄につく。葉は長さ幅とも6~10㎝、掌状に3~7裂し、基部は心形。細長い花序の花柄の先にまばらに頭花を下向きにつける。頭花は長さ約2㎝、幅1~1.5㎝、9~13個の舌状花が集まる。舌状花は紫白色、灰色の縦線模様がある。総苞は長さ約10㎜の細い筒形。痩果は無毛。冠毛は鈍い白色~褐色を帯びる。花期は8~9月。

2 Nabalus ochroleucus Maxim.  コウライオオニガナ
 朝鮮、中国、ロシア原産。中国名は耳菊 er ju

3 Nabalus tanakae Franch. et Sav. ex Y.Tanaka et Ono  オオニガナ 大苦菜
 日本固有種(本州の近畿地方~東北地方)。里山から低山のため池の縁や放棄水田などの日当たりのよい湿地に生える。
 高さは50~100㎝。茎は直立し、花序以外は分枝しない。葉は互生し、葉柄は長く、翼がある。茎を抱く。葉は三角状矢羽根形、羽状中裂~深裂するがトゲはなく、基部は矢じり形。円錐花序に頭花が10~20数個つく。頭花は直径3.5~4㎝、淡黄色。総苞は太く、 長さ12~14㎜。内総苞片は12~13個。外総苞片は2列つき、披針形、鈍頭。頭花の小花は25~30(~39)個つく。 花期は9~11月

4 Nabalus tatarinowii (Maxim.) Nakai  フクオウモドキ
 朝鮮、中国、ロシア原産。中国名は盘果菊 pan guo ju

4-1 Nabalus tatarinowii (Maxim.) Nakai var. divisa Nakai et Kitag.  キレハノフクオウモドキ
  synonym Nabalus tatarinowii (Maxim.) Nakai subsp. macrantha (Stebb.) N.Kilian 

参考

1) GRIN
 Nabalus
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=15479
2) Kewscience
 Nabalus
  http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:30008089-2
 Nabalus acerifolius Maxim.
  http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:234053-1
3)Flora of China
 Nabalus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=121572
4)レッドデータブックとちぎ
 オオニガナ
 http://www.pref.tochigi.lg.jp/shizen/sonota/rdb/detail/05/0329.html