ヒメムラサキハナナ 姫紫花菜

mark

Flora of Mikawa

アブラナ科 Brassicaceae  イオノプシディウム属

別 名 イオノプシジウム、バイオレットクレス、ダイヤモンドフラワー
英 名 diamond flower , false diamondflower , carpet plant , violet cress
学 名 Ionopsidium acaule Rchb. 
Cochlearia acaulis Desf.
Jonopsidium acaule (Desf.) Rchb.
ヒメムラサキハナナ花序
ヒメムラサキハナナ花
ヒメムラサキハナナ花横
ヒメムラサキハナナ葉
ヒメムラサキハナナ葉2
ヒメムラサキハナナ
ヒメムラサキハナナ2
花 期 (11)2~4月
高 さ 1.5~6(15)㎝
生活型 1年草
生育場所 栽培種
分 布 外来種 ポルトガル原産
撮 影 浜名湖ガーデンパーク  20.3.11
ヒメムラサキハナナはポルトガル原産のアブラナ科イオノプシディウム属の栽培種。逸出して日本各地で野生化している。
 1年草、マット状に広がる。高さ1.5~6(15)㎝。普通、無茎、ロゼットに多数葉がつく。ロゼットは直径2.5~9㎝。葉は長い葉柄を含めて長さ1- 2.6 (4) ㎝。葉身は長さ2~6㎜×幅3~6㎜、楕円形~腎形、全縁。花はロゼットに直接、多数つき、長い花柄に花が単生する。花柄は長さ15~35㎜。花はアブラナ科の植物によく見られる十字形の4弁花、直径(5)8~10㎜、花色は環境により白色~紫色に変化する。咢片は長さ1.2~1.5㎜。花弁は長さ2~4㎜、等形、倒卵形。雄しべは6個。雌しべは1個。果実は軍配形状(obcompressed)の扁平なほぼ円形、長さ2~4.5㎜×幅2.5~4.5㎜、隔壁があり、縁は膜質、基部近くが幅広になる。種子は各室に2~5個あり、倒卵形~楕円形、扁平、長さ0.5~0.6㎜、大きいものは長さ1.1~1.3㎜×幅0.7~0.9㎜、表面に乳頭状のいぼがあり、 淡褐色~暗褐色。花期は(11)2~4月。2n=24(n=12)。

イオノプシディウム属

   family Brassicaceae - genus Ionopsidium

 1年草、無毛。茎は普通に分枝し、条線がある。 葉は複葉でなく、歯状縁~わずかに分裂し、葉肉にミロシン細胞(アブラナ科の植物がもつ異型細胞)がある。花は束生し、基部に苞があり、又は長い花柄につき、ロゼットに直接花がつくように見える。咢片は直立~開出し、基部で嚢状にならず、分離する。 花弁は、爪部から次第に漸尖し、爪部は拡大部より短く、4個のうち2個は他の2個よりわずかに長く、白色又は紫色(violet)。 蜜腺は4個、 中程度の大きさ。 雄しべに付属体は無く、内側の雄しべは基部がわずかに広がる。果実は短角果、angustisepta(室が翠帳の縦の隔壁で分かれる短角果、横の隔壁をもつものはlatisepta)、円形~楕円形~倒卵形、ときに基部が漸尖し、裂開し、先がわずかに微凹形、宿存する花柱は長さ1㎜以下、各室に1~5個の種子を持つ。種子は楕円形、翼はわずかに有又は無く、透明なパピラに覆われる。(Jonopsidiumの解説)
 世界に9種あり、ヨローッパ、北アフリカに分布する。

【イオノプシディウム属の種】
Ionopsidium abulense (Pau) Rothm.[スペイン、ポルトガル]
Ionopsidium acaule (Desf.) DC. ex Rchb.[ポルトガル]
Ionopsidium albiflorum Durieu [ギリシャ、イタリア、シシリー、アルジェリア、モロッコ、チュニジア]
Ionopsidium aragonense (H.J.Coste & Soulie) M.Koch [スペイン]
Ionopsidium glastifolium (L.) M.Koch [スペイン]
Ionopsidium heterospermum Batt. [アルジェリア、モロッコ]
Ionopsidium megalospermum (Maire) M.Koch [スペイン]
Ionopsidium prolongoi (Boiss.) Batt. [スペイン]
Ionopsidium savianum (Caruel) Ball ex Arcang. [イタリア]

イオノプシディウム属の主な種

1 Ionopsidium acaule Rchb.  ヒメムラサキハナナ 姫紫花菜
  synonym Cochlearia acaulis Desf.(トモシリソウ属) [The Plant list]
  synonym Jonopsidium acaule (Desf.) Rchb. [Flora Vascular]
 ポルトガル原産。英名はdiamond flower , false diamondflower , carpet plant , violet cress。フランス、イタリア、日本に帰化。
 1年草、マット状に広がる。高さ1.5~6(15)㎝。普通、無茎、ロゼットに多数葉がつく。ロゼットは直径2.5~9㎝。葉は長い葉柄を含めて長さ1- 2.6 (4) ㎝。葉身は長さ2~6㎜×幅3~6㎜、楕円形~腎形、全縁。花はロゼットに直接、多数つき、長い花柄に花が単生する。花柄は長さ15~35㎜。花はアブラナ科の植物によく見られる十字形の4弁花、直径(5)8~10㎜、花色は環境により白色~紫色に変化する。咢片は長さ1.2~1.5㎜。花弁は長さ2~4㎜、等形、倒卵形。雄しべは6個。雌しべは1個。果実は軍配形状(obcompressed)の扁平なほぼ円形、長さ2~4.5㎜×幅2.5~4.5㎜、隔壁があり、縁は膜質、基部近くが幅広になる。種子は各室に2~5個あり、倒卵形~楕円形、扁平、長さ0.5~0.6㎜、大きいものは長さ1.1~1.3㎜×幅0.7~0.9㎜、表面に乳頭状のいぼがあり、 淡褐色~暗褐色。花期は(11)2~4月。2n=24(n=12)。

参考

1)Flora Vascular
 Jonopsidium acaule (Desf.) Rchb.  
https://www.floravascular.com/index.php?spp=Jonopsidium%20acaule
2)GRIN
 Ionopsidium  
http://wgb.cimmyt.org/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=6057
3)Kewscience
 Ionopsidium Rchb.  
http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:12686-1
4)Plantes et botanique
 Ionopsidium acaule  
https://www.plantes-botanique.org/espece_ionopsidium_acaule
5)Atlas of Seeds and Fruits of Central and East-European Flora: The Carpathian ...
 945 Ionopsidium acaule  
https://books.google.co.jp/books?id=QSMe0qHGVaAC&pg=PA191&lpg=PA191&dq=Ionopsidium+acaule+flora&source=bl&ots=0rUqqnK7O7&sig=ACfU3U1QMs-gU6XobP7RqgdUOvzpihwtkA&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwiCwJGeibPpAhXXc3AKHcpBDTcQ6AEwD3oECAkQAQ#v=onepage&q=Ionopsidium%20acaule%20flora&f=false
6)A Manual of the Flowering Plants of California
 Ionopsidium acaule leaves  
https://books.google.co.jp/books?id=bffkmpjLa8EC&pg=PA437&lpg=PA437&dq=Ionopsidium+acaule+leaves&source=bl&ots=X5h_hKTMPs&sig=ACfU3U03FV0S8I0HURagded7Z0Mqh7FuAQ&hl=ja&sa=X&ved=2ahUKEwi-jsabl7PpAhXBFIgKHcJlA50Q6AEwC3oECAYQAQ#v=onepage&q=Ionopsidium%20acaule%20leaves&f=false