ハグロソウ 葉黒草

mark

Flora of Mikawa

キツネノマゴ科 Acanthaceae ハグロソウ属

中国名 九头狮子草 jiu tou shi zi cao .
学 名 Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek.
Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek. var. subrotunda (Matsuda) Murata et Terao
ハグロソウメの花横
ハグロソウの花
ハグロソウの果実
ハグロソウの種子
ハグロソウの葉柄
ハグロソウの茎
ハグロソウ
ハグロソウの果実と種子
ハグロソウ葉表
ハグロソウ葉裏
花 期 7~10月
高 さ 20~50(80)㎝
生活型 多年草
生育場所 山地の木陰
分 布 在来種  本州(関東地方以西)、四国、九州、中国、台湾
撮 影 新城市 14.7.16(花)
      14.9.23(果実)
多年草。高さ20~80㎝。茎は4稜形、基部で平伏して節から根を出し、先は直立し、まばらに分枝し、二縦列の軟毛がある。葉柄は長さ0.5~1.5㎝。葉は対生し、葉身は披針形~卵状長円形、長さ(3~) 5~13㎝×幅1~ 2.5(4.5)㎝、質は薄く、暗緑色、縁は全縁~わずかに波打ち、側脈は3~5対、基部は鈍形~楔形、両面にまばらに軟毛があり(とくに中脈上にあり)、先は鋭形~尖鋭形~尾状。針状の結晶体はキツネノマゴほどはっきりしない。花序は頂生又は上部の葉腋に腋生、花序柄のある集散花序、集散花序には花序柄のある総苞が1~4(又はそれ以上)個つく。各総苞には花が1~3個つく。蕾は数個つくが1個ずつ咲くことが多い。花序柄は長さ0.7~5.5㎝。外総小苞片は対につき、卵形~楕円形、ほぼ等長~等長、外面はほぼ無毛~微軟毛があり、基部は楔形~切形、全縁、先は鋭形~鈍形。大きい外総小苞片は長さ1.1~2.5㎝×幅0.5~1.8㎝。小さい外総小苞片は長さ8~17㎜× 幅3~9㎜。 内総小苞片は線形、長さ2~3㎜、外面には微軟毛があり、先は尖鋭形。咢は内総小苞片に接してつき、長さ約4㎜、5深裂し、裂片は錐状、膜質、軟毛がある。花冠は白色~淡ピンク色~薄紫色で、拡大部にピンク色の斑点や暗色の線があり、長さ2~3.4㎝、外側に軟毛があり、腺の無い毛状突起をもつ。花冠筒部は基部で幅約1㎜、長さ約1.5㎝。下側の位置の上唇弁は楕円形~類円形、長さ8~15㎜×幅3~11㎜、全縁又はわずかに凹形。上側の位置の下唇弁は長円形、長さ9~15㎜×幅4~7㎜、浅く3裂する。雄しべは2個、花糸は長さ約7㎜、軟毛がある。半葯は線形、長さ約1.2㎜、平行、不等に重なってつく。子房は長軟毛がある。子房の基部に環状の花盤がある。花柱は長さ約2㎝。柱頭は2裂。蒴果は2個の外総小苞片の間に隠れ、長さ0.8~1.2㎝、腺毛と腺の無い毛状突起があり、2室あり、種子が2個ずつ入り、熟すと2裂し、はじき飛ばす。種子は褐色、直径2~2.5㎜の薄い円盤形、表面が細かな疣状。花期は7~10月。2n=48。

ハグロソウ属

  family Acanthaceae- genus Peristrophe

 多年草又は低木、結晶体(cystoliths.)をもつ。葉身は全縁又はわずかに歯がある。花序は腋生又は頂生の集散花序、ときに集散花序は葉のある複合の円錐花序状になる。集散花序は総苞が (1~)2~4(~以上) 個。総苞は普通、花が1~3個、基部の2(又はそれ以上)対の小苞に包まれ、小苞は咢や花冠筒部に隠れる。小苞の外側の対は大きさが等長又は不等長で、内側の対より大きい。咢は小さく、5裂する。咢片は等長。花冠は白色~ピンク色~紫色、普通、大きく、180度反転する。花冠筒部は細く、捻じれ、先は±広くなってのど部になり、拡大部は2唇形。上唇(下側に位置する)は全縁~2裂。下唇(上側に位置する)は3裂し、裂片は斜上、蕾中では渦巻状。雄しべは2本、花冠ののど部につき、花冠筒部から突き出る。葯は2半葯、半葯は不等につき又は重なり(隣接又は隙間があり離れる)、基部に突起は無い。仮雄しべは無い。子房は各室に2胚珠をもつ。子房の基部に環状の花盤がある。柱頭はわずかに大きく又は2裂する。蒴果は中実の柄をもち、種子が4個、支帯(retinacula )があり、胎座はバルブの基部から弾性的に上昇しない。種子は円盤形、平滑~こぶ状、毛状突起が無い。
 世界に約40種あり、熱帯、亜熱帯のアフリカ、アジア、マダガスカルに分布し、1種がオーストラリアに広がり、日本には1種分布する。

ハグロソウ属の主な種

1 Peristrophe bivalvis (L.) Merr.  タイワンハグロソウ 台湾葉黒草
  synonym Peristrophe roxburghiana (Schult.) Bremek.
  synonym Peristrophe baphica (Spreng.) Bremek.
 中国、台湾、インド、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア原産。中国名は观音草 guan yin cao

2 Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek.  ハグロソウ 葉黒草
  synonym Dicliptera japonica (Thunb.) Makino
  synonym Dicliptera japonica Makino
  synonym Peristrophe chinensis Nees
 日本(本州の関東地方以西、四国、九州)、中国、台湾原産。中国名九头狮子草 jiu tou shi zi cao。林縁に生える。
 多年草。高さ20~80㎝。茎は4稜形、基部で平伏して節から根を出し、先は直立し、まばらに分枝し、二縦列の軟毛がある。葉柄は長さ0.5~1.5㎝。葉は対生し、葉身は披針形~卵状長円形、長さ(3~) 5~13㎝×幅1~ 2.5(4.5)㎝、質は薄く、暗緑色、縁は全縁~わずかに波打ち、側脈は3~5対、基部は鈍形~楔形、両面にまばらに軟毛があり(とくに中脈上にあり)、先は鋭形~尖鋭形~尾状。針状の結晶体はキツネノマゴほどはっきりしない。花序は頂生又は上部の葉腋に腋生、花序柄のある集散花序、集散花序には花序柄のある総苞が1~4(又はそれ以上)個つく。各総苞には花が1~3個つく。蕾は数個つくが1個ずつ咲くことが多い。花序柄は長さ0.7~5.5㎝。外総小苞片は対につき、卵形~楕円形、ほぼ等長~等長、外面はほぼ無毛~微軟毛があり、基部は楔形~切形、全縁、先は鋭形~鈍形。大きい外総小苞片は長さ1.1~2.5㎝×幅0.5~1.8㎝。小さい外総小苞片は長さ8~17㎜× 幅3~9㎜。 内総小苞片は線形、長さ2~3㎜、外面には微軟毛があり、先は尖鋭形。咢は内総小苞片に接してつき、長さ約4㎜、5深裂し、裂片は錐状、膜質、軟毛がある。花冠は白色~淡ピンク色~薄紫色で、拡大部にピンク色の斑点や暗色の線があり、長さ2~3.4㎝、外側に軟毛があり、腺の無い毛状突起をもつ。花冠筒部は基部で幅約1㎜、長さ約1.5㎝。下側の位置の上唇弁は楕円形~類円形、長さ8~15㎜×幅3~11㎜、全縁又はわずかに凹形。上側の位置の下唇弁は長円形、長さ9~15㎜×幅4~7㎜、浅く3裂する。雄しべは2個、花糸は長さ約7㎜、軟毛がある。半葯は線形、長さ約1.2㎜、平行、不等に重なってつく。子房は長軟毛がある。子房の基部に環状の花盤がある。花柱は長さ約2㎝。柱頭は2裂。蒴果は2個の外総小苞片の間に隠れ、長さ0.8~1.2㎝、腺毛と腺の無い毛状突起があり、2室あり、種子が2個ずつ入り、熟すと2裂し、はじき飛ばす。種子は褐色、直径2~2.5㎜の薄い円盤形、表面が細かな疣状。花期は7~10月。果期は7~10月。2n=48。
 変種、品種に分けられているが、最近では広義に扱い分けない。
2-1 Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek. var. japonica  フチゲハグロソウ
 九州、中国に分布する。苞の縁に長毛がある。
2-2 Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek. var. subrotunda (Matsuda) Murata et Terao  ハグロソウ
2-3 Peristrophe japonica (Thunb.) Bremek. f. albiflora (Hiyama) Yonek.  シロバナハグロソウ

3 Peristrophe hyssopifolia (Burm.f.) Bremek.  ペリストロフェ・ヒッソピフォリア
  synonym Dicliptera undulata (Vahl) Karthik. & Moorthy ディクリプテラ・ウンデュラータ
  synonym Dianthera hyssopifolia Burm.f.
  synonym Peristrophe undulata (Vahl) Nees
  synonym Justicia javanica Lam.
  synonym Justicia undulata Vahl
 インドネシア(ジャワ島)原産
 多年草。高さ30~50㎝、匍匐する。茎の先に小さな鮮やかな紅紫色の2唇花をつける。下唇(上側の位置)はわずかに3裂し、裂片はごく短い。
品種) 'Aureo-variegata' (v)[葉の中央基部に黄色の斑紋が入る]

【類似属】

ヤンバルハグロソウ(ディクリプテラ)属

  family Acanthaceae- genus Dicliptera

 1年草、2年草又は多年草[ときに、低木]、広がり、鐘乳体(cystoliths.)をもつ。若い茎は断面で±6角(かど)がある。葉柄がある。葉は全縁又は類波状。花序は集散花序、葉腋につき、又は頂生の穂状花序状の輪散花序、又は輪散花序の円錐花序。花は小苞の数個の対の総苞に抱かれ (= cymule 小集散花序)、最も外側の対はサイズが等しく又は不等で、普通、内側の対、咢、及び花冠の基部を隠す。咢は5深裂し、咢片は狭く、等長、先は鋭形。花冠はピンク色、筒部の捻じれにより180度反転する。花冠筒部は細く、先が広くなり、拡大部は2唇形。下唇(上側の位置)は3裂し、裂片は斜上し、蕾中では渦巻状。上唇(下側の位置)は全縁、又は凹形。雄しべは2個、花冠の口部から突き出す。葯は2半葯。半葯は不等につき又は重なり、基部に突起は無い。仮雄しべは無い。柱頭は2裂、蒴果はほぼ柄があるか又は柄があり、種子を2~4個もち、支帯(retinacula )があり、毛状突起は無い。
 世界に約100種があり、世界の熱帯と温帯に広く分布する。

ヤンバルハグロソウ(ディクリプテラ)属の主な種

1 Dicliptera chinensis (L.) Juss.  ヤンバルハグロソウ
 中国、台湾、インド、バングラデシュ、ベトナム原産。中国名は狗肝菜 gou gan cai
 1年草又は2年草、高さ30~80㎝、茎はうねがあり、基部は拡散し、先は直立、若い枝や節に軟毛がある以外は無毛。葉柄は長さ0.5~3㎝、微軟毛がある。葉身は卵状楕円形、長さ2~8㎝×幅1.5~4 ㎝、下面の脈にまばらに微軟毛があり、上面は無毛、2次脈は中脈の各側に4~5本あり、下面にわずかに見え、基部は楔形~漸尖形で葉柄に沿下し、縁は全縁又はわずかに波所、先は短い尖鋭形~鋭形。花序は (1~)3~ 4個の花序柄のある集散花序であり、上部の葉腋につき、長さ1~4㎝。花序の苞は錐形~線形~倒披針形~倒卵形、長さ3~7.5㎜×幅0.3~1㎜。花序柄は長さ2~5㎜、小集散花序(cymules)は集散花序に普通、3~4個。外側の小苞は楕円形~倒卵形、長さ5~13㎜×幅3~8㎜、不等長、外側に微軟毛があり、3脈があり、縁毛があり、先は鋭形で微突形。内側の小苞は線形、長さ約5㎜、外側には粗毛があり、先は尖鋭形。花柄は長さ0.5~3㎜、微軟毛がある。咢は長さ約5㎜、咢片は線形、等長、縁に粗毛があり、先は尖鋭形。花冠は淡紫色、長さ1~1.2㎝、外側は微軟毛があり、花冠筒部は細く、長さ約6㎜、幅約1.5㎜、拡大部は2唇形。下側の位置の唇(上唇)は卵形、約・長さ5㎜×幅3㎜、先は全縁。上側の位置の唇(下唇)は長円形、約・長さ4㎜×幅1.5㎜、浅く3裂する。雄しべは花冠筒部の先付近につく。花糸は長さ約4㎜、無毛。半葯は球形、直径約1.2㎜、平行。子房は先端に長軟毛がある。花柱は長さ約1.4㎝。蒴果は広楕円形、長さ約6㎜、微軟毛があり、4種子、先は微突頭。種子は外形が円形、直径約2㎜、先にひげ状のパピラがある。花期は9~1月。果期は11~2月。 2n = 26.。

参考

1) Flora of the China
 Peristrophe  
http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=124587
2) GRIN
 Peristrophe  
https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=9121
3)Plants of the World Online | Kew Science
 Peristrophe  
http://www.plantsoftheworldonline.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:801-1
4)J. Adelaide Bot. Gard. 9: 1-286 (1986)
 A TAXONOMIC REVISION OF AUSTRALIAN ACANTHACEAE
 JABG09P001_Barker.pdf