ガザニア・バナナパフェ

mark

Flora of Mikawa

キク科  Asteraceae  ガザニア属(クンショウギク属)

別 名 ジャノメクンショウギク、クンショウギク
英 名 treasure flower , gazania , gazania group
学 名 Gazania 'Banana Parfait'
Gazania hybrid
ガザニア・バナナパフェの花
ガザニア・バナナパフェの花2
ガザニア・バナナパフェの花3
ガザニア・バナナパフェの総苞
ガザニア・バナナパフェの茎2
ガザニア・バナナパフェ
ガザニア・バナナパフェ茎
ガザニア・バナナパフェ葉表
ガザニア・バナナパフェ葉裏2
花 期 4~6月、10~11月
高 さ 20~30㎝、這って広がる。
生活型 多年草
生育場所 園芸種
分 布 外来種 南アフリカ、スワジランド、モザンビーク、タンザニア、アンゴラ、ナミビア原産
撮 影 蒲郡市   18.11.15
ガザニア・バナナパフェはガザニア属のハイブリッド園芸品種。公園などによく植えられている。黄色の花弁の基部に1個の褐色の斑がある。
 ガザニアはガザニア属の園芸種の総称。ガザニア属の原種は約20種(うち広く栽培されている種を含む8種は遺伝子的には差がないとされている)あり、南アフリカ付近の原産である。和名がついているのはクンショウギクGazania linearis、ジャノメクンショウギクGazania rigens、ハネバクンショウギクGazania pectinataの3種であり、この中で園芸種が多いのはジャノメクンショウギク系である。Gazania rigens var. rigensは栽培種の学名であり、自生種は存在しない。半耐寒性で暖地では多年草。花は夜や曇りの日に閉じる。 園芸品種には夜も開花しているものもある。花弁は黄色、橙色の他に、銅色、白色、赤色や縞模様もあり、しばしば基部に暗色の斑紋がある。現在は花の大きなハイブリッドが主流で、花色や縞模様、多弁など様々である。ハイブリッド種もGazania rigensとすることも多い。