ドクウツギ 毒空木

mark

Flora of Mikawa

ドクウツギ科 Coriariaceae  ドクウツギ属

別 名 イチロベエゴロシ
学 名 Coriaria japonica A. Gray
ドクウツギの雌花
ドクウツギの雄花
ドクウツギの果実
ドクウツギの果実3
ドクウツギの幹
ドクウツギ
ドクウツギ雌花序と雄花序
ドクウツギの葉
ドクウツギの葉表
ドクウツギの葉裏
花 期 4~5月
高 さ 1~2m
生活型 落葉低木
生育場所 山野、河原、岩礫地
分 布 在来種(日本固有種) 北海道、本州(近畿地方以北)
撮 影 面の木  13.5.15(花)  15.06.29(果実)
猛毒で知られている。トリカブト、ドクゼリと並ぶ日本三大有毒植物の1つといわれている。
 幹は赤褐色、粒状の灰色の皮目があり、毒々しい。枝には4稜がある。葉も果実も有毒で、果実は甘いため中毒例が多いといわれている。葉は羽状複葉に見えるが、対生の単葉、無柄。葉身は長さ6~8㎝、幅2~3.5㎝の卵形、全縁、縁が波打ち、先は次第に尖り、基部は円形、両面とも無毛、3脈が目立つ。雌雄同株。葉腋から雌雄別々の総状花序を出す。雄花序は長さ2~5㎝。雌花序は長さ6~15㎝。花弁は長さ約1㎜、開花時には萼より小さい。雄花は萼片長さ3.5㎜、雄しべ10個、葯は黄色。雌花は萼片長さ約2㎜、心皮5個が離生する。果実は直径8~10㎜の液果状の痩果、多肉質に肥大した花弁に包まれ、5分果、初め赤色、熟すと黒紫色になる。中の分果(痩果)は長さ4~5㎜、褐色、表面に隆条がある。2n=40