クフェア・タイニーマイス

mark

Flora of Mikawa

ミソハギ科 Lythraceae タバコソウ属

英 名 Tiny Mice
学 名 Cuphea purpurea 'Tiny Mice'
クフェア・タイニーマイスの花序
クフェア・タイニーマイスの花
クフェア・タイニーマイスの雄しべ2
クフェア・タイニーマイスの雌しべ
クフェア・タイニーマイスの茎
クフェア・タイニーマイス
クフェア・タイニーマイスの花筒
クフェア・タイニーマイスの雄しべ
クフェア・タイニーマイスの葉表></div>
            <div class=クフェア・タイニーマイスの葉裏
花 期 6~10月
高 さ 30~50㎝
生活型 常緑小低木
生育場所 栽培種
分 布 外来種  メキシコ原産
撮 影 西尾市 21.9.1
クフェア・タイニーマイスはミソハギ科タバコソウ(クフェア)属の園芸品種であり、ヒメハナヤナギ(Cuphea llavea) と クサミソハギ(Cuphea procumbens)とのハイブリッドである。
、常緑の小低木、高さ50㎝以下。茎は分枝し、円柱形、やや上向き~開出する毛がある。葉は対生し、短い葉柄があり、毛がある。葉身は披針形、基部はくさび形~広くさび形、縁は全縁、縁毛があり、先は漸尖し鋭形。花は茎上部の葉柄間(interpetiolar)につき、短い総状花序状になる。花は長い咢(花托筒ともいう)がある。咢は多数の縦しわがあり、咢筒の基部の上側に目立たない低い距があり、先は小さく6裂し、咢の上部は暗紫色で下部は次第に淡色になり、基部に短い淡緑色の花柄がある。咢の表面には基部が太く、先が尖った赤色の毛がある。咢筒の内部には紫色の毛が密集する。花弁は2個、上側にミッキーマウスの耳のようにつき、しわのあるほぼ円形、赤色、基部が三角状に暗紫色で柄状の爪部がある。雄しべは確認できたのは約8本、約3本が長い。花柱はやや太く毛がある。柱頭は小さい。
品種)  'Avalon', 'Firefly' , 'Firecracker' , 'Tiny Mice'

タバコソウ属

  family Plantaginaceae - genus Dopatrium

 1年草、多年草又は亜低木、低木。葉は普通、十字対生、まれに互生又は輪生、全縁又はまれにほぼ全縁。花は6数性、左右相称、単一形(monomorphic)、単生又は総状花序につき、ときにVerticels(節ごとに輪生する)につく。花柄は腋生というよりは、普通、葉柄間(interpetiolar)につく。小苞は2又は0個。咢筒は ±曲がり、うねがあり、基部に袋又は距があり、しばしば色がつき、斜めになり、普通、各咢片の間に1個の萼状総苞( epicalyx)がある。花弁は6個、まれに少数又は無く、不等形、短い爪部があり、咢筒の拡大部近くにつく。雄しべは6~14個、まれに少なくなり、咢筒の上1/2につき、突き出ないか又は突き出る。子房の基部の花盤は腺があり、非対称。子房は無柄、2室だが、しばしば早く、隔壁が消える。胚珠は各室に2~多数。柱頭は2裂。蒴果は咢に包まれ、縦に裂開する。虫媒花又は鳥媒花(C. ignea 'David Verity' , C. micropetali など)
 世界に約260種がある。アメリカ大陸の暖温帯~熱帯に分布する。

1 Cuphea llavea Lex.  ヒメハナヤナギ 姫花柳
  synonym Cuphea miniata Brongn.  ヒメハナヤナギ 
  synonym Cuphea blepharophylla (S.F.Blake) L.Riley  メキシコ原産。英名は bat-faced cuphea , tiny-mice , bat flower 。Sriracha™ series(ローズ、ピンク、バイオレット)がスリラッチャの名で流通している。
 常緑の亜低木、、丸く育ち、高さと幅60~90㎝。1年だと30~45㎝程度。葉は暗緑色、卵形、長さ7.㎝以下、先が尖り、毛がある。花は長さ2.5㎝以下、咢は紫色。大きな赤色の2個の花弁が耳形に見え、基部が三角状に紫黒色になり、コウモリの顔に似ている。花期は5~10月。

2 Cuphea procumbens Cav.  クサミソハギ 草禊萩
 メキシコ原産。creeping waxweed インド、ボリビアに帰化。中国名は平卧萼距花 。
 2年草、短命の亜低木、落葉。茎は立ち上がりは弱く、高さ20~40㎝、枝が長く伸びて這い、開出した腺毛があり、赤紫色、長さ20~60㎝、多数、分枝する。葉は対生、幅が狭く、長さ7センチ以下、縁はわずかに外巻きし、下面の中脈は明瞭、触るとわずかに粗く、無柄又はごく短い柄がある。茎上部の葉は次第に小さくなり、苞になり、花がつく。花序は総状花序。花は茎上部に集中し、対の葉の間に花が単生する。花柄は成長とともに長くなり、果時には垂れ下がる。小苞は2個、小さく、花の基部につく。花托筒は(花冠と咢の杯が合着して、花弁の下の筒のようである)長さ12~21㎜、基部に向かって狭くなり、基部は丸く、花柄の接合部でつきでる。花托筒の外側は黄色に紫色を帯び、暗紫色の肋があり、開出する赤紫色の毛があり、内側には雄しべの先端の上に毛がある。花托筒の先は6裂し、そのなかの1個が明瞭に長く、裂片の間に平らな緑色の付属体があり、それには少しの毛がある。花弁は6個、ほとんど等長、淡紫色、長さ8~12㎜、基部は非常に細くなる(爪部)。雄しべは11個、不等長、2個は長く、密に毛がある。果実は蒴果。種子は10~35個、長さ約2.5㎜。花期は6~10月。 n=9。