ビロードテンツキ 天鵞絨点突

mark

Flora of Mikawa

カヤツリグサ科 Cyperaceae テンツキ属

中国名 绢毛飘拂草 juan mao piao fu cao
学 名 Fimbristylis sericea (Poiret) R. Brown.
ビロードテンツキの花序
ビロードテンツキの鱗片
ビロードテンツキの果実
ビロードテンツキ
ビロードテンツキの小穂
果 期 7~10月
高 さ 10~20㎝
生活型 多年草
生育場所 海岸の砂地
分 布 在来種 本州(富山県以西)、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、インド、マレーシア、タイ、ベトナム、インドネシア、アフリカ、オーストラリア
撮 影 渥美町 恋路ケ浜   07.9.1
茎は太く、葉は硬く、白い毛が密生しているので、ビロードの名がつけられている。葉は茎より短く、根元に集まってつき、幅1.5~2㎜の線形。茎の先に3~15個の小穂を固まってつける。小穂は長さ0.6~1㎝、幅約4㎜の狭卵形。鱗片は広卵形で、短い芒がある。果実は広倒卵形、レンズ形で、表面は平滑。柱頭は2岐。