アカメガシワ  赤芽柏
[別名] ゴサイバ
[中国名] 野梧桐 ye wu tong
[学名] Mallotus japonicus (Thunb. ex Murray.) Mueller-Arg.
トウダイグサ科  Euphorbiaceae  アカメガシワ属
三河の植物観察
アカメガシワの雄花
アカメガシワの雌花
アカメガシワの実
アカメガシワの若葉の赤い星状毛
アカメガシワの葉身基部の蜜腺
アカメガシワの幹
アカメガシワ
アカメガシワの若葉
アカメガシワ葉の両面
アカメガシワ葉先の蜜腺
 春に芽葉が赤く、山で目立つ。花期には赤い葉は緑に変わり、少し赤味が残る程度である。和名の由来はカシワの葉と同じように食べ物を乗せるのに使い、芽が赤いことから。
 幹は灰褐色で、縦の網目となる。葉は互生し、長さ8~20㎝、幅5~15㎝の卵形。葉の両面に星状毛があり、葉裏には白色の腺点もあり、若葉の星状毛は赤い。葉表の基部に2個の蜜腺があり、葉先の縁にも数個の蜜腺がある。葉柄は長さ3~17㎝。花は雌雄別株。雌花の花柱には乳頭状の突起、白色の腺点及びはじめは紅色である星状毛が密生する。柱頭は2~4個に分かれ、普通は淡黄色であるが、鮮やかな赤色になるものがある。果実は直径約8㎜、刺状突起が密生し、熟すと褐色になって裂開する。種子は直径約4㎜、褐色~黒色。
[花期] 6~7月
[高さ] 5~15m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 林縁
[分布] 在来種  本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 三ヶ根山  09.7.12

 アカメガシワ属

 familiy: Euphorbiaceae - genus Mallotus

 高木又は低木、まれにつる性、普通、落葉。密毛は普通、単純毛と星状毛、帯白色~帯赤色の腺のある鱗片がある。葉は互生又は対生、1対は小さい。托葉は普通、錐形。葉身は分裂せず又は裂片があり、ときに盾状、下面はしばしば腺のある鱗片があり、上面はしばしば、腺が目立ち、基部に普通、2個又はそれ以上の腺があり、脈は掌状又は羽状。花序は頂生又は腋生、ほとんど分枝せず、たまに分枝し、普通、多数の花をつける。雄花は普通、各苞に数個。咢は3~5深裂し、敷石状。花弁と花盤は無い。雄しべは15~250本。花糸は離生。葯は2室、葯隔はしばしば幅が広く、仮雌しべは無い[まれに有る]。雌花は各苞に1(~2)個。咢は3~5裂し、ときに仏炎苞があり早落性。子房は(2~)3(~ 4)室。花柱は単純、羽毛又は長いパピラがある。胚珠は各室に1個。蒴果は(2~)3(~ 4)室、平滑又は柔らかい刺がある。種子はほぼ球形~卵形、平滑、ときに仮種皮がある。
 世界に約150種あり、アジアの熱帯、亜熱帯地域に分布し、少数がアフリカやオーストラリアに分布する。


 アカメガシワ属の主な種

 1  Mallotus apelta (Lour.) Mull.Arg.  ギンモウガシワ
 中国、ベトナム原産。中国名は白背叶 bai bei ye

 2  Mallotus barbatus (Wall. ex Baill.) Mull.Arg.  ハスノハアカメガシワ
 中国、インド、ミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア原産。中国名は毛桐 mao tong

 3  Mallotus japonicus (L.f.) Mull.Arg.  アカメガシワ 赤芽柏
 日本(本州、四国、九州)、朝鮮、中国原産。中国名は野梧桐 ye wu tong 。英名はkamila tree。別名はゴサイバ。
 落葉高木。高さ5~15m。幹は灰褐色で、縦の網目となる。葉は互生し、長さ8~20㎝、幅5~15㎝の卵形。葉の両面に星状毛があり、葉裏には白色の腺点もあり、若葉の星状毛は赤い。葉表の基部に2個の蜜腺があり、葉先の縁にも数個の蜜腺がある。葉柄は長さ3~17㎝。花は雌雄別株。雌花の花柱には乳頭状の突起、白色の腺点及びはじめは紅色である星状毛が密生する。柱頭は2~4個に分かれ、普通は淡黄色であるが、鮮やかな赤色になるものがある。果実は直径約8㎜、刺状突起が密生し、熟すと褐色になって裂開する。種子は直径約4㎜、褐色~黒色。花期は5~7月。

 4  Mallotus paniculatus (Lam.) Mull.Arg.  ウラジロアカメガシワ
 中国、台湾、インド、バングラデシュ、ミャンマー、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、パプアニューギニア、オーストラリア原産。中国名は白楸 bai qiu
4-1 Mallotus paniculatus (Lam.) Mull.Arg. f. formosanus (Hayata) S.S.Ying  ホザキアカメガシワ

 5  Mallotus philippensis (Lam.) Mull.Arg.  クスノハガシワ
 中国、台湾、インド、ネパール、ブータン、スリランカ、バングラデシュ、パキスタン、ラオス、ミャンマー、タイ、ベトナム、マレーシア、フィリピン、ニューギニア、北オーストラリア原産。中国名は粗糠柴 cu kang chai 。英名はkamala , kamala-tree , orange kamala , red kamala

 6  Mallotus repandus (Rottl.) Mull.Arg.  ツルアカメガシワ
 中国、台湾、インド、ネパール、ブータン、スリランカ、ミャンマー、バングラデシュ、カンボジア、ラオス、タイ、ベトナム、インドネシア、マレーシア、フィリピン、ニューギニア、太平洋諸島(ニューカレドニア) 、オーストラリア原産。中国名は石岩枫 shi yan feng

 7  Mallotus tiliifolius (Blume) Mull.Arg.  タイワンアカメガシワ
 中国、台湾、タイ、インドネシア、マレーシア、フィリピン、太平洋諸島、オーストラリア原産。中国名は椴叶野桐 duan ye ye tong


 参考

1)GRIN
 Mallotus
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=7206
2)Flora of Pakistan
 Mallotus
  http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=5&taxon_id=119552
3)Plants of the World Online | Kew Science
  Mallotus
  Plants of the World Online | Kew Science
5) Flora of China
 Mallotus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=119552
TOP Back