キノコ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 キノコの用語(日本語-英語)
あ行    
青トウモロコシ臭 green corn 臭いの表現
悪臭 foul odor
浅いつぼ marginate volva
アステロストロメラ様構造         asterostromelloid structure 多くの枝が主軸に沿って直角で始まり、端は星形のようになる枝分かれ菌糸。二叉状構造 (dichophysoid)
汗臭い sweat 臭いの表現
アーチ形の(弓形の) fornicate ヒメツチグリ属(Geastrum属)の子実体の外皮の裂片が下にアーチ形曲がり、内皮を持ち上げ円蓋に似た形になること
穴のあいた pitted
アニス臭 anise 臭いの表現
網状、脈絡 anastomosing ひだの配置
網状 reticulate
網目状 clathrate
網目模様の reticulated
アミロイド amyloids 胞子や組織がメルツァー試薬により、ヨウ素デンプン反応で青変するもの。
アーモンド臭 almond 臭いの表現
アンモニア菌 ammonia fungi 夏から秋に林内の放尿跡や動物死体分解跡などのアンモニアにより発生する菌(きのこ)
アンズ臭 apricot アンズタケ属の臭い
アンズタケ型(きのこの形) cantharelloid
一核菌糸 monokaryotic hypha 核が1個の一次菌糸
石づき basal portion of stipe きのこの柄の基部
板状縁のある marginate depressed きのこのつぼの形
異担子器 heterobasidium(pl.-ia)
異担子菌 heterobasidiomycete  
異担子菌綱(類) Heterobasidiomycetes 多室の坦子器をもつ担子菌類。異形担子菌綱(類)ともいう。
一菌糸型 monomitic 菌糸が原菌糸だけのもの
一次菌糸  primary hypha 雄性胞子から発芽した菌糸=一核菌糸
一室担子器 homobasidium(pl.-ia)
著しい粘性のある slimy きのこの傘など
疣(いぼ)状 warts 表面の形
疣(いぼ)状 theleohoroid 管孔面(イボタケ型)
異名 synonym
イラクサ刺形 nettle-hair shaped 長細い首のあるフラスコ形
インク臭 ink 臭いの表現
薄い線が入った thinly lined
ウッドチップ wood chip
うぶ毛[綿毛]でおおわれた downy
馬の毛状 horsehair-like
埋木(うもれぎ) buried wood
stalk , stipe 子実体(きのこ)の柄
永存性の persistent 宿存性、残存性ともいう
栄養菌糸 vagetative hyphae 生殖菌糸から成長し、隔壁がなく、生殖菌糸より厚壁(thick wall)である。
柄シスチジア caulocystidium(pl.-ia) 柄につくシスチジア
柄の stipital
柄表皮(えひょうひ) stipitipellis
エビ臭 shrimplike チチタケ類、ベニタケ類の臭いの1つ
えり状 collarlike きのこのつばの形状。カラー、首飾り、首輪に似たもの
沿下 decurrent
円鋸歯状 crenate きのこのひだ、管孔、傘の縁の円い鋸歯状
円形 orbicular , circular
円座 peristom ring ヒメツチグリ科の子実体の孔縁盤の基部にある円形凹部
縁シスチジア(えんシスチジア) cheilocystidium=marginal cystidium(pl.-ia) ひだの先(又は管孔の開口部)に存在するシスチジア
円錐形 conical , conoid Q値 Q=1.5~4、広円錐形(broadly conical,Q<1.5)
円錐突起、心いぼ umbo 傘の中央に盛り上がる大きな突起
円柱形 baculate
円筒形 cylindrical Q値はQ=2~4、狭円筒形(narrowly cylindrical,Q>4)、広円筒形(broadly cylindrical,Q<2)
縁膜片のある appendiculate 傘の縁に傘内皮膜の破片が垂れ下がる形
円盤形 discoid
黄褐色の tawny  
扇形 flabellate , fan-shaped , flabelliform
黄金シスチジア(クリソシスチジア) crysocystidium(pl.-a) アンモニア水や水酸化カリウムなどのアルカリで黄変するシスチジア、モエギタケ科などのひだで見られる。
黄土色の ochraceous = ochre(黄土色:オークル) colored
凹生(凹形の) emarginate ひだの端に切り欠きがある。湾生と区別しない専門家もいる。sinuateとemarginateを含めてnotched gills ともいう。
凹(おう)面形 concave 中くぼの
凹レンズ形 concave
おが屑 sawdust
汚褐色 fuligineous
おそらく腐生菌 presumably saprobic 菌根菌のように地上に生え確認されていないもの。
オゾニウム ozonium  キララタケ属で見られる黄褐色の菌糸マット
落葉 leaf litter
落葉分解菌 leaf litter destroying fungus
温和な mild
か行    
貝殻形 shell-shaped , dimidiate
外生菌根菌  ectomycorrhizal fungus 菌糸が根の表面や表皮細胞、皮層細胞の間隙にあって細胞内には入らない菌根菌
下位坦子器 hypobasidium(pl. -a) 坦子器の膨らんだ部位
外皮 exopridium ツチグリ類の星形に裂開する皮、坦子器の膨らんだ皮、
外皮 cortex(pl.-texes, -tices) きのこの傘、柄の外皮
外皮 peridium(pl.-ia) 腹菌類、子のう菌類、変形菌などの外皮
外被層 ectal exiple 子嚢菌類の子嚢盤の外側の層
外皮層 epicutis 傘上表皮層が複層の場合の外側の層
外被膜(菌包) universal veil , volva ハラタケ類などの若い子実体を覆い、成熟につれ破れ、柄や傘に破片が残る。柄に残り、つばの一部となることもあり、柄の基部につぼ(volva , universal veil)として残ることもある。
外被膜(菌包)残片 volval remnant 傘の表面などに残ったもの
海綿質(スポンジ状) spongy
可視変形体 phaneroplasmodium 不透明、脈状構造、先端が扇状構造をもつ変形体
かぎ状 uncinate ひだの下部が短い鈎状になってつく。刃の下部が小さい弧状に切れ込む
核菌類(綱) Pyrenomycetes 子嚢殻をもつ子嚢菌類
隔生(かくせい) distant, remote 柄とひだの末端とが完全に離れ、柄の周囲のかさの肉が露出する(ひだのつき方)。柄とひだの末端とが完全に離れ、柄との間隔がせまいものは離脱(seceding)という。柄の上端とひだの末端とが離れるものは離生 free , subdistant)。
殻皮 crust 硬質菌類の傘の硬い表皮
殻皮 peridium 胞子を形成する部位を包む保護層
隔壁 septata 菌糸の細胞を区切る壁
隔膜 diaphagm ホコリタケ類の基本体と無性基部の境の膜
果殻(かかく) parathecium , exciple 子嚢層を受ける皿
革質(かくしつ) leathery
下殻 subcrust サルノコシカケにある
果殻の縁 proper margin  
傘(かさ) pileus(pl. pilei) , cap キノコの上部の帽子のような部分のこと
傘シスチジア pilocystidia 傘につくシスチジア
傘上表皮層 pileipellis 傘の表層。cortical layer of pileus = pileus cuticle ともいう。
傘の pilear
傘のある pileate
傘のない apileate
かすかに光る shimmering
硬い firm
褐色腐朽 brown rot キノコが木材を分解吸収し腐朽するもののうち、セルローズを分解吸収してリグニンを残し、褐色に腐朽するもの
褐色立方体形の腐れ brown cubical rot
鐘形 bell-shaped
かび臭 musty
下皮、皮下 subcutis
下皮層 hypocutis 傘上表皮層が複層の場合の外側の層
カビの生えたわら臭 mouldy straw 臭いの表現
下表皮 subpellis 傘上表皮層 が複層の場合の下層
花瓶形 vase-shaped
火薬のような reminiscent of gunpowder 臭い
絡み合い菌糸 cordons(hyphal string) 子実体形成菌糸層などに見られる。
枯木 decaying log
枯れても落ちないで残る marcescence , marcescent
乾き dry
乾くと(カラカラに) exsiccate カラカラに乾くと
皮のような coriaceous
桿状 bacillar バチルス菌のような形
環状の(同心円状の) concentric
環状可動 annulis mobiles ひだが環状で動くもの
桿形 bacilliform バチルス菌の形、長さが幅の3倍以上
管孔 pore,tube イグチ類や多孔菌類のひだの間に多数の仕切りが形成され、チューブ状になったもの
管孔状(多孔菌型)、孔状 poroid 多孔菌類に見られる
管孔面 pore surface イグチ類や多孔菌類の傘下面の子実層托表面全体。単に孔面ともいう。
環帯 ring zone 内被膜が柄に銹色などに環状に残ったもの
環紋 annulus、zonate spot、concentric texture 傘上面のできる同心円状の模様
含油菌糸 oleiferous hyphae
偽アミロイド dextrinoid,pseudoamyloid  
偽根 pseudorhiza 柄の基部が根状に伸びたもの
偽軸柱 pseudocolumella 子嚢の中央部に集まってでき、柱軸に似るが柄と離れる。
偽シスチジア pseudocystidia 組織内の導管や乳管などに連結するシスチジア
偽シスチジアの cystidioid
基質 substrate , matrix 腐生菌類が分解吸収する素材、栽培キノコなら相木(ほだぎ)、菌床など。基物ともいう。
寄生 parasite
寄生菌類 mycoparasite, parasitics fungi 寄生parasite は寄主host の体内に侵入して養分を吸収消化する
基層板 tramalplate 腹菌類の基本体中を貫通する無性菌糸層、脈状や板状になる
偽弾糸 pseudocapillitium ニセショウロ類の基本体に残る無性菌糸
木の崩壊堆積物 woody debris
偽ひだ(ぎひだ) false gill ひだに組織的分化が見られず、構造的にはかさの肉と区別できないもの
基本体 gleba 有性胞子を作る組織全体の総称、グレバともいう。主に腹菌類で見られる。
逆散型 convergent type
球形 globose , spherical Q値はシスチジアQ=1.0~1.05、胞子Q=0.95~1.05
球形細胞 sphaerocyst 菌糸の各細胞が球状に膨らみ、植物の柔組織のような偽柔組織となる場合
吸湿性の hygroscopic  
球状細胞性平滑 globulose-glabrous かさの表面が球形の表皮細胞からなるが見かけ状は平滑
Q値 quotient of length and width or breadth (Q) 菌類分類の基本書であるFlora Agaricina Neerlandica で用いられているシスチジアや胞子の長さ/幅(width)又は幅広さ(breadth)の比
キュウリ臭 cucumber 臭いの表現
強粘性の strongly viscid
棘状(きょくじょう) spinose 刺状(しじょう)ともいう
鋸歯状 serrate
魚臭 fishy チチタケ類、ベニタケ類の臭いの1つ
切株 stump
亀裂がある rimose
菌核 sclerotium 菌糸が密集して塊状になり、一時休眠状態で過ごし、後に子実体を発生するもの。
菌根 mycorryhiza 菌類と恒常的な共生関係を築いている根
菌根菌 mycorrhizal fungus 植物の根に共生する菌
菌糸 hyphae きのこ(菌類)の糸状の構成菌
菌糸型発芽 gemination by hypha 胞子の通常の発芽
菌糸束 mycelial strand , mycelial cord 多数の菌糸が集合した糸状、紐状、針金状の束。多数の菌糸が集合した糸状、紐状、針金状の束。単にmycelialといわれることもある
菌糸束突起 hyphal peg , spina 主にヒダナシタケ類の子実層の菌糸束に生じる刺状の突起。スピナともいう。
菌糸体(ミセリウム) mycelium 栄養菌糸の集合体。多数分枝した糸状(thread-like)菌糸の集合。土中や基物中に見られる。ミセリウムともいう
菌叢 colony , mycelial fungi 菌糸の集まり
擬着合子嚢体 pseudoaethalium 単子嚢体が密着し、個々の単子嚢体は識別可能なもの
襟帯(きんたい) collar 柄に直生するひだがつくる柄から遊離したつば状の帯。ホウライタケ属の一部に見られる。
菌のような fungoide 臭い(菌臭)、味
菌網(きんもう) indusium 傘から下にレース状に垂れたもの。キヌガサタケ類に見られる。マントともいう。
菌蕾(きんらい) egg キノコの蕾
菌輪 fairy ring , annulus(pl.-li, -es) キノコが環状に発生する様子。
菌類 fungi
くずれやすい破片状のつぼ friable volva
朽木(くちき) rotten wood
くちばし形 rostrate
くちばし(嘴)状突起 apicule 担子胞子の嘴状突起。クランプを指すこともある。
屈曲子嚢体 plasmodiocarp 蟠曲(ばんきょく)子嚢体ともいい、長く脈状~網状になるもの
首折れ型 inelined , nodding
窪んだ扁平 sunken
クモの巣状つば cortinar annulus
クモの巣膜 cortina 完全なつばにならない繊細な糸くず状の内被膜。
クモの巣のような cobwebby
クランプ clamp 菌糸の隔壁部分の側面にある小さなこぶ状の突出部、クランプ・コネクション、かすがい連結、嘴状突起ともいわれる。
クランプのある隔壁 clamped septa
クリソシスチジア(黄金シスチジア) crysocystidium(pl.-a) アンモニア水や水酸化カリウムなどのアルカリで黄変するシスチジア、モエギタケ科などのひだで見られる。
グレバ gleba 基本体と同じ。有性胞子を作る組織全体の総称。
グロエオシスチジア gloeocystidium (pl. gloeocystidia) 粘性の内容物を含み、メチルブルーで青く染まるシスチジア。粘嚢体、粘嚢状体ともいう。
群生して gregariously , in groups
結合菌糸 binding hyphae 菌糸同士を結合する菌糸
けばだった fuzzy
毛深い hairy
毛むくじゃらの shaggy
原菌糸 generative hyphae 担子器を形成する菌糸。生殖菌糸ともいう。
原変形体 protoplasmodium 脈状構造が無く、原形質流動が起こらない微小な変形体
固着する adnate  
孔緑盤(こうえんばん) peristoma ヒメツナグリ科の子実体の内皮頂部にある円錐形孔口部。
膠質菌 jelly fungi キクラゲなど、ゼリーのような質のキノコ
孔口(こうこう) ostiole 管孔開孔部。胞子の出口。
孔口         pore 傘の裏面で認めることができる管孔の開口部。孔口の密度は㎜又は㎝あたりの個数で表される。
構成要素 element 傘や柄などの菌糸など
孔壁(こうへき) dissetiment 管孔壁面にある子実層形成部位
好青染性 cyanophilous コットンブルー(Cotton blue)で子実体、胞子、シスチジアなどが明瞭に青く染まるもの(CB+)
厚壁(こうへき) thick walled
厚壁シスチジア(メチュロイド) metuloid 不定形の結晶を欠き、単に厚い細胞壁を有するシスチジア。メチュロイドともいう。
厚壁胞子(こうへきほうし) chlamydo spore 厚い壁で包まれる無性胞子。ヤグラタケなどに見られる。
酵母型発芽 gemination , budding 菌糸を伸長せず出芽し分離する有性胞子の発芽。キクラゲ類に見られる。
剛毛体 seta (複数形 setae) 子実体中にあるシスチジアの一種。褐色で先の尖った厚壁の特異な菌糸。タバコウロコタケ科や腹菌類、チャワンタケ科などに見られる。
コウヤクタケ型 corticioid 子実層托が平滑
広葉樹 hardwood
小枝 twigs
骨格菌糸 skeletal hypha 原菌糸に付随して生じる菌糸。分岐が少なく長く伸び、先以外は厚壁で細胞内腔は狭い。硬質菌に多い。
琴柱型分枝(ことじがたぶんし) pyxidate branching フサヒメホウキタケ科に見られる分枝。琴の弦を支える琴柱(ことじ)に似た枝分れをする。
小ひだ free gill , lamellulae ひだの間にある、柄に達しない小さいひだ。
瘤(こぶ) verrucae  
瘤(こぶ)状の verrucose, verruciform , wart-like  
瘤(こぶ)状突起 bump , hump 傘の上の中央の瘤状突起はcentral bump , central humpといい、心(しん)いぼ(umbo)ともいう。 
ゴブレット形 goblet-shaped ワイングラス形ともいう
細かい毛状 tomentulose
細かいしわ状 rugulose
ゴム質 rubbery
コルク質 corky
コンゴーレッド親和性 congophilous
コンゴーレッド染色 Congo red stain アミロイドがアルカリコンゴ赤染色で橙赤色に染まるアミロイド染色。
根状菌糸束 rhizomorph 菌糸束が植物の根のように見えるようにのびたもの
コンポスト堆積場 compost pile
さ行    
細鋸歯状 serrulate
細胞性粘菌 cellular slime mold 単細胞生物と多細胞生物の両方の時期があるが、多核にならない
細毛体 capillitium 変形菌類の子嚢内にある多数の胞子を網目状に繋ぐ細い紐状体。
材木 wood
先太=棍棒形 tapering towards base , tapering to base , club-shaped , clavate
先細=逆棍棒形 tapering upwards , club-shaped base
柵状毛状被 trichodermial palisade 箒状ないしサンゴ状もしくは茶筅状の細胞からなる傘の毛状被
錯綜型 interwoven type
錯綜型毛状被 interwoven trichoderm
錯綜型平行菌糸被 dryophylla-type 傘の上表皮層の型の1つ
錯綜菌組織 textura intricata 子嚢菌類の菌組織区分7種類中の一種で、菌糸が互いに密に絡み合った組織。
裂け目のある lacerated
ささくれ状 squarrose
鎖状 catenate
座生(ざせい) sessile  担子器に小柄がなく、直接胞子が生じる様子。
鞘状のつぼ vaginate volva
皿形 cotyliform  
3菌糸型  trimitic 子実体構成菌糸が原菌糸と骨格菌糸の他に結合菌糸の3種類からなる。硬質菌類に多い。
散生(散在) scattered , dispersed
散開型 divergent type
四角ばった squarish
敷きわら mulch
軸柱(柱軸) columella 軸柱(柱軸) :胞子嚢内に伸びた柄の延長のように見える部分。腹菌類や変形菌類で見られる。
刺激臭 acrid odor
子座(しざ) stroma 子嚢菌類で菌糸が密に集合して球形や梶棒状になり、その内部か表面に子嚢殻(子実体)を形成する器官。
子実下層 hypothecium 子嚢層の子嚢の下端より下部の層、子嚢下層ともいう
子実下層の subhymenial  
子実層(しじつそう) epithecium 子嚢菌類は子嚢層(hymenium)ともいう。担子器、シスチジア、子嚢、側糸などが集まり胞子形成する層。
子実層シスチジア hymenophoral cystidia 子実層にあるシスチジア。側シスチジアと縁シスチジア
子実層状被 hymeniderm 子実層のように構成菌糸が、垂直に立ち上がりつつ並列する傘上表皮層の型(=hymeniform=palisade)
子実層托 hymenophore 子実層を形成する部位。
子実層托の実質 hymenophoral trama 子実層托を形成する菌糸組織。実質ともいう。
子実体(しじつたい) basidioma , basidiocarp , fluit body , fruiting body , myxocarp 菌類が胞子形成のために作る、複合体で一般にきのこという。子嚢菌類の子実体は子嚢果(ascocarp , ascoma)といい、担子菌類では担子果(basidiocarp)という。変形菌では子嚢体(sporocarp)と坦子体(sporophore)がある。子実体 fruiting body , myxocarp
子実体形成菌糸層 subiculum  
子実体原基 fruit body primordium 子実体の基となる菌糸
刺状(しじょう) spinose 棘状(きょくじょう)ともいう
歯状(しじょう) irpicoid 管孔が裂けた形、薄歯(teeth)ともいう
歯状の odontoid  
嘴状(しじょう)突起、 rostrum シスチジアの先端の嘴状の伸び
シスチジア(嚢状体) cystidium (pl-a) 傘、柄、ヒダの表面から飛び出した特殊な細胞(異型細胞)を言う
シスチジオール cystidiole シスチジアほど大きくなく貧弱なもの。坦子器の未熟なものと区別しにくいものも多い。
湿気がある moist
湿生 hygrophilous  
実質 parenchymatous
しなやか(柔軟な) pliant
子嚢(しのう) ascus , sasci , sporotheca , sporangium 子嚢菌類が有性胞子を作る袋状細胞、袋中に通常8個の子嚢胞子がある。変形菌類ではsporotheca , sporangiumという。
子嚢果(しのうか) ascocarp , ascoma 子嚢菌類の子実体を指す。地衣の子実体では子器(しき)といわれる。
子嚢穀(しのうかく) perithecium 核菌類の子嚢果、明瞭な殻壁で包まれ、子座内に形成される。
子嚢下層 hypothecium 子嚢層の子嚢の下端より下部の層、子実下層ともいう
子嚢脚層
(子実脚層)
subhymenium 子嚢層の細胞が成長する支持層。子嚢下層(子実下層) hypotheciumと同じ意味で使われることもある。
子嚢菌(類) ascomycetes 子嚢中に有性胞子を形成する菌(類)。地衣体の主な菌類、子嚢をもつ。キノコにもある。
子嚢上層 epithecium , epihymenium 子嚢層の上の表面層。子実層上皮、子実層表面ともいう。子実層と同じ意味で用いられることもある。
子嚢層 hymenium 子実体の子嚢を中に入れている層
子嚢層上皮 epithecium 盤菌類の子実層表面を長く伸びた側糸が覆ってできたもの。epitheciumは子実層と同じ。
子嚢体 sporocarp 変形菌の子嚢のある子実体
子嚢盤 apothecium(pl.-ia) 子嚢果が盤状、皿状などになるもの。盤菌類の子実体に見られる。地衣類にも見られるものがある。
子嚢壁 peridium 外皮ともいい、胞子塊を包む表皮
子嚢胞子(しのうほうし) ascospore 子嚢菌が作る有性胞子、子嚢の中に通常8個入る。
渋味 astringent
死木(枯木) dead wood
湿ったとき光沢のある hygrophanous 傘が吸水して透明になり、乾くと不透明になるもの
弱粘性の subviscid
汁管菌糸(じゅうかんきんし) conducting hyphae , vascular hyphae , lactiferous hyphae チチタケ属の乳汁を含む菌糸やコウヤクタケ類の子実層にある液汁を含む菌糸。
宿主(しゅくしゅ) host 寄生または共生生活をする生物(キノコ)の寄生または共生対象になる生物。
宿存性の persistent 永存性、残存性ともいう
樹上生 lignatile キノコの発生場所による分類。木材腐朽菌が樹上や木材上に子実体を発生すること。材上生ともいう。
数珠形 moniliform
上位担子器(じょういたんしき) epibasidium キクラゲ類の担子器の特徴で、膨らんだ部分(下位担子器)より長い小柄状の部分を指す。
小塊粒、小皮子、ペリジオール peridiole 子実体が胞子形成後、子実層と胞子の充満した腔室を包み込み、周囲のグレバが軟骨化してできたチャダイゴケ類の碁石(レンズ)状器官。コツブタケで見られるグレバ内部の菌糸層で包まれた小粒状の小さな胞子嚢。
小区画状 areolate
消失性 evanescent つばがすぐになくなるもの。早落性(fugacious , caducous)、壊れやすい(fragile)などともいわれる。
消失性子嚢 evanescent ascus
掌状子嚢体 digitate sporangium 複数の単子嚢体の柄が合着したもの
上生(じょうせい)            adnexed(ascending , deeply adnexed) ひだが上向きの弧を描き、柄の上端近くにつながる(ひだのつき方)
条線(じょうせん) stria 傘の周辺にある放射状の線や柄の表面にある縦の線
小嚢形=革袋形 utriform
上皮、表皮 cuticle
小柄(しょうへい) sterigma (pl. sterigmata) 担子器と担子胞子をつなぐ柄。
上表皮 suprapellis 傘上表皮層 が複層の場合の上層
丈夫な(強靭な) tough
小粒塊 falseperidiole グレバの成熟過程中にグレバの小部分が互いに遊離して、球形~多角形の小塊を多数形成し、完熟してできる粉状の胞子塊。コップタケに見られる。
小粒膜 cortex チャダイゴケ類の小塊粒には外側に微毛のある外被膜があり、その内側の厚い膜をいう。
小鱗片で覆われた squamulose
しわ孔状 merulioid 子実体、子実層托の型、管孔のしわ状の形、Merulius属状ともいう
しわのある rugose , wrinkled  
しわひだ gill-fold 子実層托の一種、ひだの様な刃状でなく、脈状~しわ状の表面に子実層を形成するもの。アンズタケなどに見られる。
心(しん)いぼ、円錐突起 umbo 傘の中央に盛り上がる大きな突起
針状細胞 acanthocyte モエギタケ属の菌糸体に見られる針状結晶の付着物
浸食状 eroded
真正担子器 homobasidium (pl.-a) 真正担子菌類の担子器。単室の担子器上に4個の小柄および胞子をつけるもの
真正坦子菌類(綱) Homobasidiomycetes 単室の坦子器を持つ坦子菌類(綱)。ハラタケ綱(Agaricomycetes)ともいう。
腎臓形 kidney-shape
針葉樹材 coniferous woods
スイカの皮臭 watermelon rind 臭いの表現
髄状 medullary スポンジ状
垂生(すいせい)            decurrent (gills running down the stem , subdecurrent , short-decurrent). 柄に対し、ひだが下向の弧を描いて付着する(ひだのつき方)
髄層 eduldulolary exeiple 子嚢盤の外被層と子実層との間の層
垂直側分枝 diverticulate 傘の上表皮層の菌糸型、短い突起状の分枝がある
ステファノシスト stephanocyst 2細胞からなる特殊なシスチジア。ミナミコメバタケなどに見られる。深い椀形の細胞に直径約10µmの球形細胞がはめ込まれた形状。
スービクル subicle 子嚢菌類の核菌綱で見られる子実体形成菌糸層。クモの巣状や綿屑状の菌糸体の層。その上に子嚢殻を形成。
スリコギ状糸状体 acanthophysis , acanthohyphidia シスチジアではなく、子実層に見られる末端菌糸。瓶ブラシにも似て、表面に無数の突起がある。 
精液臭 spermatic 主にアセタケ類にある臭い
石灰 lime 炭酸化カルシウム
石灰節 lime node 炭酸化カルシウムを主成分とする物質を含む節
接合 conjugation 菌糸が合体し、核が2個の二核菌糸となる合体
ゼラチン化した平行菌糸被  ixocutis
ゼラチン状 gelatinous
ゼラニウムの臭い geranium 臭いの表現
せり出し反転 effused-resupinate
繊維質 fibrous 肉の質
繊維状の fibrillose
繊維状鱗片 fibrillosa-scaly 傘や柄の表面にある細い糸状の繊維模様。繊椎紋ともいう。
全縁 entire
尖帽状、僧帽状 mitriform ビショップの帽子の形、胞子の形の1つ、蘚類では蒴帽の形
先端が細くなった円柱[円筒]形の terete
distant ひだの間隔(gill spacing)
早落性 fugacious ,caducous 消失性(evanescent)ともいわれる
側(そく)シスチジア pleurocystidia ひだの側面(又は管孔の内壁面)にあるシスチジア
側生(側着生) lateral 子実体が基質の側面から横に張り出して発生する状態。
束生(そくせい) fasciculata , clustered 子実体(きのこ)が基部を接して束状に発生する。
側糸 paraphyses 子嚢層の中にある糸状体(糸状の無性菌糸)。
側脈 intervenose ひだの枝
組織 tissue  
ソーセージ形の allantoid , botuliform 胞子の形など
粗腐植 duff
た行    
帯・・・色 -ish  傘の色などを whitish(帯白色)、yellowish(帯黄色)などと表現する
ダイコン臭 radish , raphanoid 臭いの表現
楕円形 ellipsoid Q値はシスチジア、胞子ともQ=1.3~1.6。長楕円形(oblong)はQ>1.6、広惰円形(broadly ellipsoid,Q=1.15~1.3)。
楕円状 oval ovalはellipsoidやoblongより明確な定義がない
recoptacle スッポンタケ目の子実体で一部に粘液化したグレバを着け外部に露出する部分
棚形(たながた) bracket-shape
多肉質の fleshy
玉ねぎ臭 onion 臭いの表現
多油滴 multiguttulate 多数の油滴状
タール臭 coal tar 臭いの表現
垂れ下がる pendulous  
単一油滴 uniguttulate 1個の油滴状
短細胞菌糸 short-celled hyphae
短細胞被 epithelium 球形~惰円形の細胞が直立して鎖状に連なる傘上表皮層 の型
弾糸(だんし) elater , capillitium 細毛体の弾性のあるもの。細毛体はcapillitiumといい、弾糸もcapillitiumともいう。
担子果 basidiocarp キノコの坦子菌類の子実体。地衣類では普通、坦子器果という。
担子器 basidium pl.-a 担子菌類の有性胞子である担子胞子を作るために特殊に分化した細胞
坦子菌類 basidiomycete(s) キノコの主な構成菌類の1つ。担子器上に有性胞子の担子胞子を作る菌。
坦子体 sporophore 変形菌の坦子をつける子実体、ツノホコリ属だけ
単子嚢体  spporocyst , mono ascus , sporangium , sporangicarp 1個の子嚢からなる子実体(子嚢体)
担子胞子 basidiospore 担子類が有性生殖で作る胞子、通常1個の担子器上に4個形成。
単生 solitary , alone
地下生 hypogean キノコの発生場所による分類
地下生菌(ちかせいきん) hypogeous-fungi 子実体が成熟まで地中~地表面間で生育するか、一生地中で過ごす菌。例:ツチダンゴ、トリュフなど。 
地上生 epigean キノコの発生場所による分類
縮れ状 crisped
地中生 geophilic キノコの発生場所による分類
着合子嚢体 aethalium 変形体の脈が絡まり合ってできる子嚢体。塊状子嚢体、エタリウムともいう
中央のこぶ状突起 central bump
中空 hollow , fistular , fistulose 子実体の柄が空洞になっている様、管状ともいう。
中高扁平形 plane and umbonate
柱軸(軸柱) columella 腹菌類や変形菌類の子実体の中に基部から突出して分化した無性部分で、樹枝状に分技している。
中心生(ちゅうしんせい) central 子実体の柄が傘の中央に着くもの
中心柄の mesopodal, mesopodial, mesopodous
中実 solid 子実体の柄の内部が充実した状態。中空の反対語。
頂孔(ちょうこう) apicalpore 腹菌類の頭部の中央が胞子の成熟に合わせて裂ける孔。
頂生 acrogenous 分生子が分生子柄の先にできる。
重生(ちょうせい、じゅうせい) imbricate 基物から側生する子実体が上下重なり合って多数発生する。
長楕円形 oblong Q値は胞子Q=1.6~2、シスチジアQ>1.6。楕円形(ellipsoid)より細長い。
頂端 apex 担子胞子などの先端
直生 adnate(reaching , attached to the stem) 柄にひだが直角につながる(ひだのつき方)
直立菌糸被 derm 構成菌糸が表面とほぼ垂直に配列する傘上表皮層 の型
土臭い(どろ臭い) earthy
つば ring , partialveil, annulus , skirt 子実層托を保護する内被膜が成熟過程で傘の縁部で切れて柄に残ったもの。ハラタケ類でみられる
つぼ (脚苞) volva , universal veil 子実体が幼時に外側を卵形の外被膜で包まれ、外被膜が成熟過程で破れて柄の基部に残ったもの。テングタケ類や腹菌類で見られる。
釣鐘形(つりがねがた) campanulate  
つるつるの waxy
低饅頭形 plano-convex
デキストリノイド dextrinoid 偽アミロイド(pseudoamyloid)ともいい、メルツァー試薬で赤変するもの
点状 punctiform  
同心円状 concentric circular ひだの配置
冬虫夏草 caterpillar fungi , vegetable wasps , plant worms 子嚢菌類であり、昆虫、クモ、地下生菌(ツチダンゴ類)などに寄生する。
動物の糞尿 excreta
透明変形体 aphanoplasmodium 原変形体のような微細なものから、徐々に透明な網状変形体をつくる
とさか形 cristate
な行    
内外生菌根 ectendomycorryhizal fungus 菌糸が根の表面や表皮細胞、皮層細胞の間隙にあって、同時に皮層細胞壁内に菌糸が侵入してコイル状の構造 (Microsclerotia) を形成するもの
内皮 endoperidium , innerperidium 腹菌類の基本体を包む一番内側の皮。
内被膜 partial veil , annulus 子実層托を保護する膜、つば(ring , partialveil)などとして残る
内被膜残片        partial veil remnant 子実体が幼時に包まれていた内被膜(partial veil , annulus)が傘の縁に垂れ下がって残る。
内網 inner network , inner net 表面網の内側にある網目構造
中くぼの concave 凹(おう)面形
波状 wavy
波を打った scalloped ホタテガイの縁のような波
滑らかな lubricous
軟骨質 cartilaginous
苦いような bitterish
膠(にかわ)質の glutinose
2核菌糸 dicaryotic hypha 1核菌糸の細胞が接合して1つの細胞内に2個の核を有する原菌糸(生殖、栄養菌糸)。
2菌糸型 dimitic 子実体樽成菌糸が原菌糸と骨格菌糸のdimiticと,原菌糸と結合菌糸のamphimiticの2種類ある型
flesh,trama, context 子実層托以外の子実体の傘や柄の内部
二次隔壁 secondary septum 従来からある細胞の中に後から形成される隔壁。シロソウメンタケ科などに見られる。
二次菌糸 secondary hypha 2核菌糸と同じ
二層 bilaminate ひだの形
ニンニク臭 garlic 臭いの表現
根株腐朽菌 butt rotfungi 木材腐朽菌の一つで、根などの傷口から侵入して根や幹の根元の材を腐朽させる菌。マイタケなど。根際腐朽菌ともいう。
粘質原菌糸 hypha 粘性内容物を含む原菌糸
粘性のある sticky 固着性がありべたつく
粘性のある viscid 粘度が高くねばる
粘着性の adhesive
粘着紐 funiculus チャダイゴケ類のコップ状子実体の中の小塊粒の裏面中央に見られる伸縮性に富む糸状菌糸束。外側を寒天質に包まれる。
粘嚢体(ねんのうたい) gloeocystidium pl.-a シスチジアの一種で、粘性の内容物を含む。
グレオシスチジア、粘嚢状体ともいう。
粘毛状被 ixotrichoderm ゼラチン質に覆われた毛状被、傘の表皮の型の1つ
嚢状体(シスチジア) cystidium (pl-a) 傘、柄、ヒダの表面から飛び出した特殊な細胞(異型細胞)を言う
嚢状被 cystoderm
は行    
杯形 crateriform
杯形の cupulate , cup shaped
杯状 crateriform  
杯状体 calyculus , calycus , peridial cap 子嚢壁が残存性で基部がコップ形~円盤形に残るもの
背着生(はいちゃくせい) resupinate  傘を作らず、子実層を表面にして基質に張り付く着生。全背着生ともいう。
ハイフィディウム hyphidium(pl. -ia) 帽菌類の子実層中にあるシスチジアではなく、小さな強く修正された末端菌糸、坦子器より普通細く、糸状体ともいわれる。acanthohyphidia(小突起が多数ある=スリコギ状)、pseudoacanthohyphidia(小突起が2~5(10)個)、simple hyphidia(小突起がない)
薄歯(歯) teeth 管孔が裂けて薄い歯状になったもの、管孔と針の中間
白色腐朽(はくしょくふきゅう) white rot 木材腐朽の一型。木材成分のセルローズと共にリグニンも分解吸収し、材は白っぼいスポンジ状になる腐朽。
薄壁(はくへき) thin wall
バシジオール basidiole やや小さい未熟又は不稔の坦子器
発育不全の、発育停止の aborted
蜂の巣状 alveolate , faveolate セイヨウショウロ属の蜂の巣状の小孔をもつ胞子の模様 【胞子】
発芽孔(はつがこう) gempore 複合壁(内外2層以上 の壁)を持つ胞子で、外壁が頂部で中断し栽頭(さいとう)状になった小さな孔状。【胞子】
発芽する germinate
パッチ状 patches
馬蹄形 hoof-shaped , ungulate ひづめ形
spine ひだが細かく裂け、個々の裂片が円錐状に変形し、針状になったもの
針、毒針 aculeus(pl. aculei ) 子実層托の針
針状(ハリタケ型) hydnoid ひだの針状の型
針状細胞 acanthocyte モエギタケ属の菌糸体上に見られる針状結晶の付着物
針形 aciculiform 中央部でかなり細く、両端で鋭く尖る針のような形【胞子】
ハルティヒ・ネット Hartig net 皮層細胞の細胞間隙の網目状構造
バルブ(球状部分)     bulb 柄の基部が球状にふくれた部分。球型、球根形、棍棒形、片側が膨れた形などになる
半円形 dimidiate
半球形 hemisherical  
盤菌類(綱) Discomycetes 子嚢盤をもつ子嚢菌類
斑点状 punctate
半背着生(はんはいちゃくせい) effused-renexed , effuso-reflexed 背着生で上方の一部がせり出して傘を作る場合。棚状の傘ともいう
非アミロイド non-amyloid メルツァー氏液による呈色反応が陰性のもの
微小繊維 fibril
非ゼラチン質の nongelatinous
ひだ gill , lamella キノコの傘の下面のひだ。ハラタケ類の大部分の子実体が傘下面に放射状に着けた刃状のもの。表面に子実層を形成する。
ひだ数 number of gills 傘ごとのひだの数は間隔に大きく関係し、菌ごとに異なり、これを記録する標準法。傘の半分ごとの、ひだgill , lamelleの数(L)と小ひだlamelluleの数(l)で表す。
ひだ状の pleated , lamellate
ひだの実質  lamellar trama 
ひだの緑部細胞 marginal cell ひだの外縁部に並ぶ菌糸先端細胞。ひだ縁細胞ともいう。
ひだの間隔 gill spacing  
ひだの実質 hymenophoral trama 子実層托を形成する菌糸組織
ひだ実質菌糸 gilltrama hypha ひだの中央にあり、その両面に子実層が形成。
微粘性の tacky にかわ、ワニスなどでべとつく
ひづめ形、馬蹄形 hoof-shaped , ungulate
ひび割れ状 rimulose
漂白剤臭 bleach クヌギタケ属の臭いの1つ)、
表皮 dermis
表皮亀裂 rimose-areolate
表皮シスチジア dermatocystidia 傘シスチジアと柄シスチジア
ビロード状 velutinous , velutinate , velvety , velvet-like
風車形 pinwheel
フェノール臭 phenolic 臭いの表現
フェルト状 felty
不快な unpleasant 【臭い】
腹菌類 Gasteromycetidae 子実層が被実の真正坦子菌類
袋状のつぼ saccate volva
ふけだらけの scurfy, furfuraceus
腐植土 humus
腐生菌(類) necrophyte , saprobe , saprophyle 生物遺体や排泄物など天然有機物を分解吸収して生育する菌類
腐生性 saprobic  
不整子嚢菌類(綱) Plectomycetes 成熟すると子嚢が消失する子嚢菌類
ふた付き子嚢 operculate ascus
ふたなし子嚢 inoperculate ascus
縁の色が異なるひだ marginate gills
不明瞭な環状の semi-concentric
ぶよぶよの flabby
フラスコ形 lageniform , flask-shaped
分枝 ramification
粉臭(穀粉臭、澱粉臭) farinaceous , mealy
粉状 mealy 傘の表面が粉状
糞生菌 coprophilous fungi 動物の排泄物である糞 dung を分解し発生する菌
分生子(ぶんせいし) conidia 菌糸から無性的に分裂して生じ,脱落飛散する不動胞子。地衣では粉子。
分生子果 conidiocarp = conidioma(pl.-mata.-s) = conidiome 分生子を形成する子実体で、分生子殻・分生子層・分生子柄束・分生子座などに区分される。
分生子殻 pycnidium 分生子を内部につくる囊状の構造の殻
分生子座 sporodochium 分生子柄が多数まとまり、マットのようになったもの
分生子層 acervulus pl. acervuli 分生子をつくる層、浅い皿状で基質の表層部にわずかに入り込んでいるもの
分生子柄 conidiophore , sporephore 分生子を生じる基となる菌糸が分化したもの。
分生子柄束 synnema 分生子柄が多数集まって密着し、ときに融着した長い束
平行菌糸被 cutis 構成菌糸が傘表面とほぼ平行に配列する
閉子嚢殻 cleistothecium 孔口がなく外被層が閉じている子嚢殻
平坦 flat, plane
壁小板 peridial platelet 子嚢壁の一部のかけらが残存したもの
表面網 surface net 子嚢壁に沿ってできる細毛体の平面的な網目
べ一ル indusium(pl.-ia)  
変形菌類 slime mold 粘菌類、真正粘菌類ともいわれる
変形体 plasmodium 変形菌類の変形多核体、粘菌アメーバ myxoamoeba とも呼ばれ、移動する 
変形膜 hypothallus 変形菌の子実体の下に広がる基物に付着する膜状の部分、柄の基部
変形膜下生 subhypothallic 原形質塊が丸く盛り上がり、基部が収縮して柄になり、頭部が子嚢になる。
変形膜上生 epihypothallic 原形質塊から変形膜が出来、柄を中に作って伸び、子嚢体となる。
偏心生(へんしんせい) eccentric , excentric , off-central 子実体の柄が傘の中心より一方に片寄って着く。
扁平形 plane, flat, applanate
扁平分岐 flattened branching ホウキタケ類の分岐
便腹形 ventricose 片側が膨れた
帽菌類 Hymenomycetes 子実層が裸実(全裸実又は半裸実)の真正坦子菌類
箒(ほうき)状細胞 broom cell
芳香 fragrant
胞子 spore 生殖細胞の一種。有性的に生じる担子菌類の担子胞子、子嚢菌類の子嚢胞子、無性的に生じる分生子がある。
胞子塊  gleba 基本体(グレバ)と同じ。
胞子盤 plage , suprahila , depression suprahilardisc 胞子小柄の付着点付近にある丸い平坦な部分。ケコガサタケ属などに見られる。
胞子紋(ほうしもん) spore print 胞子が落下堆積してできる胞子の色による紋様
放射状 radially
放射状の繊維 radial fibrils
ホウキタケ型 clavaria-like , clavarioid
紡錘形 fusiform, fusoid Q値はQ=2~4、広紡錘形(broadly fusiform ,Q=1.5~2)、超広紡錘形(very broadly fusiform ,Q<1.5)、狭紡錘形(narrowly fusiform , fusoid ,Q>4)
ホコリタケ puffball , puff-ball
星形 asteroid , star shape
細い波状線の rivulose
ま行
曲がりくねった sinuous , flexuose  
膜質 menbranous
枕形 pulvinate クッション形ともいう
マッシュルーム champignon , mushroom
丸太 log
饅頭形(まんじゅうがた) convex キノコの傘の形
ミセリウム(菌糸体) mycelium 栄養菌糸の集合体。多数分枝した糸状(thread-like)菌糸の集合。土中や基物中に見られる。菌糸体のこと。菌子束(mycelial strand , mycelial cord)を指すこともある。
溝がある sulcate
溝状 grooved
溝線(みぞせん)のある striiform striate 溝状の条線がある
crowded ひだの間隔(gill spacing)
密生 crowded
脈絡 anastomosing ひだとひだとの間にある脈状の連なり。
密に細かい綿毛のある floccose 傘の表面の状態
無隔菌糸 coenocytic hyphae 隔壁がない菌糸
無性基部(むせいきぶ) sterile base,subgleba ホコリタケ科の子実体の基部にある胞子を作らない部分。
無柄 sessile
紫色の violaceous  
迷路状 labyrinthine 管孔の形
メチュロイド metuloid 不定形の結晶を欠き、単に厚い細胞壁を有するシスチジア。厚壁シスチジアともいう。ヒメムキタケ属、ウラペニガサ属、アセタケ属などに見られる
メルツァー氏液(試薬) Melzer's reagent 胞子や菌糸の糊性有無検査用指示液
Merulius属状 merulioid, meruloid 子実体、子実層托の型、しわ孔状
毛状短細胞被 trichoepithelium
毛状被 trichoderm 構成菌糸が傘表面に直立して、毛状に荒く平行につく傘の表皮の型の1つ
木材腐朽菌 wood rotting fungi , wood decaying fungi 木材に含まれる難分解性のリグニン、セルロースなどの分解能力を持つ腐朽菌
木質 woody きのこの肉質
もつれ状 tangle
モリニア型 monili-form 数珠形の側糸の型、
もろい fragile , brittle
や行
やや疎 subdistant ひだの間隔(gill spacing)
やや密 close ひだの間隔(gill spacing)
有隔菌糸 septate hyphae 隔壁によって細胞体が区切られている菌糸
有隔(壁)担子器 septate basidium(pl.-ia)
有柄 caulescent , stipitate
有柄担子果 stipitate basidiocarp
油冠シスチジア lamprocystidia 厚い細胞壁があり、表面に不定形の結晶を冠すシスチジア。ランプロシスチジアともいう。
油球(ゆきゅう) oil drop , guttule 胞子の中にある球状の油。
油脂シスチジア oleocystidium(pl.-ia) 油を含み著しく光を屈折して輝いてみえるシスチジア。
弓形、弧状の、 アーチ形 arcuate ひだの形
洋こま形 turbinate 頂部で膨らみ,中央部付近で細くなり初め,基部では急激に細くなる
洋ナシ形 pyriform
ヨードホルム臭 iodoform 臭いの表現
4胞子性 quadri sporus , tetra sporic , tetra sporus 担子器の先端に通常4本の小柄が伸び、その先に担子胞子が各1個ずつ成熟するもの。坦子菌類の普通のッタイプ。ときに2胞子性や1や3胞子の担子器が見られる。
ら行    
裸実 gymnocarpic 子実層が子実体から裸出しているもの
裸実性 gymnocarpous  
裸生(らせい) calvescent 子嚢菌類で子嚢殻が子座より外側に露出するもの。冬虫夏草類にある。
ラメアレス構造 Rameales-structure 傘表皮層の構成菌糸が多数の短い側枝を生じて魚の骨状になる
ランプロシスチジア lamprocystidia 厚い細胞壁があり、表面に不定形の結晶を冠すシスチジア。油冠シスチジアともいう。
リグニン分解菌 lignicolous fungi, lignin-decomposing fungi
離生(りせい)         free , subdistant(gills not touching the stem) 柄の上端とひだの末端とが離れる(ひだのつき方)attached by a notch
離脱 seceding 柄とひだの末端とが完全に離れ、柄との間隔がせまいもの。ひだのつき方の離生と隔生の中間。
粒状線 tuberculately striate
両側型、左右相称型 bilateral type
両面に生じる amphigenous 子実層が両面にある
鱗片 scale 傘や柄の表面に鱗状に付着したもの。
鱗片のある scaly
鱗片状、ささくれ状 squamose, squamous 傘や柄が鱗片状
類球形 subglobose Q値はQ=1.05~1.15、球形はQ<1.05でより1に近い。広惰円形はQ=1.15~1.3。
類シスチジア leptocystidium(pl.-ia)
涙滴のある guttate 子実体の傘の表面
Leocarpus属状 leocarpine 子実体の形
裂片 ray ツチグリなどの裂片
レプトシスチジア leptocystidia 偽シスチジア以外のシスチジア。類シスチジアともいう。
レモン形 citriform, limoniform
連絡糸 connection , thread ペニタケ科の胞子表面で見られる疣状突起や刺状突起をつなぐ細い糸状隆起。細毛体に見られる。
漏斗形(ろうとがた、じょうごがた) infundibriform 傘の形
漏斗形の infundibulate , funnel-shaped
わ行
綿毛状 tomentose
綿毛状つば byssoid annulus
割れ目のある cracked
湾生(わんせい) sinuate (depressed around the stipe) ひだの末端が柄に触れてはいるが、柄の近くでひだがやや上向きに切れ込んだ弧をなす(ひだのつき方)deeply sinuate。
     
TOP Back