きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 ズキンタケ  頭巾茸
別  名 ハナズキンタケ
中 国 名 润滑锤舌菌 run hua chui she jun
英  名 jelly babies
学  名 Leotia lubrica (Scop.) Pers.
分  類 子嚢菌門 チャワンタケ亜門  ズキンタケ綱 ズキンタケ亜綱 ビョウタケ目(Helotiales)
科  属 ズキンタケ科 Leotiaceae  ズキンタケ属
 子実体(子嚢果)は秋に広葉樹、針葉樹林の落葉間の地上、ときに朽木上に、秋(北アメリカでは晩春~秋、暖かい気候では冬にも)、群生する。子実体は高さ3~7(10)㎝。傘(子嚢盤)は0.3~1.5(1~4)㎝、形は変化が多く、不規則に捻じれて入り組み(convoluted)、こぶし状~類丸山形(~類饅頭形)、表面にわずかにしわがあり、新鮮なときはべとつき(sticky)又は滑り(slimy)、ときに乾いてしまうこともある。縁は内側に巻き込み、バフ色~褐黄色~黄色~オリーブ色、しばしば古くなると暗緑色~黒色近くになり、下面は無毛~柄と同様。柄は長さ2~6(8)㎝、幅2~6(10)㎜、上下同径、新鮮なときはべとつき又は滑り、無毛、しばしば微細な淡色の鱗片がつき、色は傘と同色~淡色、傷つくとゆっくり暗緑色に変色し、中空またはゼラチン状物質で満たされる。肉は新鮮なときゼラチン状、無臭。子嚢果の外被層は内外2層からなり、外層はゼラチン質に埋まった細菌糸層であり、内層はゼラチン化しない矩形菌組織である。子嚢は棍棒形、長さ130~160µm、幅10~12µm、頂孔はヨード反応陰性、8胞子性、胞子が上部で2列、下部で1列に並ぶ。胞子は長さ(16)18~28µm、幅(4)5~6µm、狭楕円形~類紡錘形、平滑、しばしばやや曲がり、成熟すると3~7隔膜ができる。側糸は直径約1µm、糸状、しばしば2叉に分枝し、先は肥大して類棍棒形~洋ナシ形(不規則に膨れる)、無色~帯緑色。※()内の数値は北アメリカのもの。
ズキンタケ
ズキンタケ2
ズキンタケ3
ズキンタケ傘
ズキンタケ傘2
ズキンタケ傘3
ズキンタケ傘裏
発生時期
大 き さ 小型 直径0.3~1.5㎝
栄養摂取 腐生菌 
発生場所 林内の腐葉間の地上
分  布 日本、中国、ヨーロッパ、北アメリカ、オーストラリア
食  毒 不明
撮  影 浜松市 16.10.4
TOP Back