きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 ツヤウチワタ  艶団扇茸
中 国 名 褐扇小孔菌 he shan xiao kong jun
学  名 Microporus vernicipes (Berk.) Kuntze
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 タマチョレイタケ目(Polyporales)
科  属 タマチョレイタケ科  Polyporaceae  ツヤウチワタケ属
 1年生。広葉樹の枯木、落ち枝などに夏~秋、単生~少数散生~群生する。子実体は普通、側着生で短柄、まれに中心生で長柄のこともある。傘は幅2~6㎝、奥行1~3㎝、厚さ1~2㎜、扇形~腎形~まれに円形、堅い革質、縁は薄く、波打ちや切れ込みがあり、縁は薄い。傘表面は淡黄白色~黄褐色~栗褐色、無毛、平滑、光沢があり、細かい放射状の繊維紋があり、濃淡の環紋がある。柄は質が硬く、長短不定、長さ0.2~2㎝、幅2~4(8)㎜、円柱形、基部は円盤状になり、基物につく。柄の表面は無毛、平滑、黄土色~褐色。管孔面は淡材白色、孔口は微細、(7~8)8~9個/㎜。管孔長は0.5~1.5㎜。肉は質が薄く、硬い革質、無味、無臭。胞子は長さ4~6µm、幅2~3µm(長さ4.5~7.5µm、幅2~2.5µm)、長楕円形~円柱形、無色、平滑。菌糸は3菌糸型、原菌糸は無色、薄壁、クランプがあり、直径3~5.5µm。骨格菌糸は無色~わずかに淡黄褐色、厚壁、直径3~4 µm。結合菌糸は無色、厚壁、分枝、直径1~1.5µm。
 ウチワタケMicroporus affinis 子実体は側着生、有柄。傘は幅2~5(10)㎝、厚さ1~3㎜の扇形~半円形~腎臓形、ときに円形、縁は薄く、鋭縁。背面は変化が多く、黄褐色~灰褐色~黒褐色などの明瞭な環紋があり、全体に微毛があり、環紋の帯灰色の毛が目立つ。柄は茶褐色~褐色、質が硬く、長さ0.5~3㎝、幅0.2~0.5㎝、円柱形、基部は円形の吸盤状。腹面は類白色、孔口は微細、(6~7)7~8個/㎜、孔長約1㎜。肉は白色、薄くて硬い革質、強靭、無味、無臭。胞子は長さ3~4(4~5)µm、幅1.5~2(2~2.5)µmのソーセージ形~円柱形。非アミロイド。菌糸は3菌糸型、原菌糸にクランプがある。骨格菌糸(肉)は幅4~6(7) µm、KOH中で膨れると~10 µm、厚壁。
 ツヤウチワタケモドキは傘が厚く、背面が灰褐色、無毛、光沢が鈍く、環紋は不明瞭。孔口は4~5個/㎜。
ツヤウチワタケ
ツヤウチワタケ長柄
ツヤウチワタケ管孔2
ツヤウチワタケ傘背面2
ツヤウチワタケ傘背面
ツヤウチワタケ管孔
ツヤウチワタケ短柄
発生時期 夏~秋
大 き さ 小型~中型 直径2~5㎝
栄養摂取 白色腐朽菌 
発生場所 広葉樹の枯木、倒木、落枝
分  布 日本(本州以南)、中国、台湾、アジア、アフリカ、オセアニア
食  毒 不食
撮  影 豊橋市 14.10.16
TOP Back