きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
  シロオオハラタケ  白大原茸
中 国 名 田野蘑菇 tian ye mo gu
英  名 horse mushroom
学  名 Agaricus arvensis Schaeff.
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ亜綱 ハラタケ目(Agaricales)
科  属 ハラタケ科  Agaricaceae  ハラタケ属
 子実体は単生~群生。傘は直径5~20㎝、半球形~饅頭形~広饅頭形~扁平。背面は乾き、平滑、白色~淡黄色、成熟すると、繊維や鱗片をつけ(とくに、乾いた時など)、淡黄色に変色する。柄は長さ5~15㎝、幅0.8~1.5(3)㎝、上下同径~やや下部が太くなり、基部は塊状に膨れず(やや膨れるものもあり)、中空、表面は傘と同色、つばがあり、つばより下は白色の鱗片で覆われる。つばは白色、裏面は放射状に疣があり、膜質、やや厚く、落ちやすい(又は宿存性で歯車状)。ひだは隔生し、極密につき、初め白色、後に帯紫褐色~黒褐色になる。アメリカのものは途中でピンク色にならない。肉は厚く、白色、ときに黄色に変色し、傷つけても変色しないか、わずかに黄色くなる。柄の基部の肉は黄色くならない。臭いは若くて新鮮なときは甘く(アニスやアーモンドのような)、味は良い。胞子紋は暗褐色。胞子は長さ7~10µm、幅4.5~6(7)µmの楕円形、平滑、褐色。側シスチジアはなく、縁シスチジアは淡黄色、類紡錘形、長さ25~37.8µm、幅5~7µm。菌糸はクランプがない。KOHで傘は黄色に変色する。
 ウスキモリノカサAgaricus abruptibulbus は日本、北アメリカに分布する。シロオオハラタケとよく似ており、柄の基部が塊茎状に膨れ、林内を好んで発生し、胞子がやや小さい。柄の基部の形状や胞子のサイズなどには変異が多く、これらを区別せずに同一種として扱う見解もある。Agaricus silvicola も同種とする見解もある。林内や竹林内の土上に発生。傘は直径5~15㎝、半球形~饅頭形~広饅頭形~扁平、乾き、平滑、乳白色~淡黄色、絹糸様の光沢があり、傷つくと黄色に変色する。KOHによっても黄色になる。柄は長さ8~15㎝、幅0.8~1.5(3)㎝、下部がやや太く、基部が塊状に膨れ、中空、上部にひだがある。柄の表面は幼時、白色、綿毛状の鱗片(ささくれ)に覆われるが、後に平滑になり、触れると淡黄色に変色し、古くなると黄褐色を帯びる。つばは大きく、表面に放射状に配列した繊細な条溝があり、裏面が綿屑状、白色、膜質。ひだは密につき、離生~隔生、幼時、白色、次第にピンク色になり、後に紫褐色になる。肉は白色、傷つけると黄色~褐色を帯び、無味、弱いアニス臭。胞子紋は暗褐色~紫褐色。胞子は長さ6~8µm、幅3.5~5µm、惰円形。側シスチジアはなく、縁シスチジアは短柄のある類球形~短棍棒形~広紡錘形、無色、薄壁。菌糸はほとんどゼラチン化せず、しばしばクランプがある。
 ハラタケAgaricus campestrisは世界に広く分布。英名はfield mushroom , meadow mushroom。春と秋に草地、芝生、畑などに発生する。傘は直径3~10(12)㎝、半球形~饅頭形~扁平、湿時、弱粘性、白色、ときに乳白色、汚白色の鱗片があり、絹糸状の光沢があり、古くなると赤褐色~黒紫褐色を帯びる。柄は長さ3~10㎝、幅0.7~2(2.5)㎝、上下同径~下部やや細く、中実~中空、表面は白色~帯黄白色、平滑、上部につばがある。つばは白色、膜質。ひだは極密につき、離生し、初期に白色、次第に淡ピンク色~紫褐色、最後には黒褐色になり、幅5~10㎜。肉は厚く、白色、傷つくわずかに赤変し、臭いは良く、味はマッシュルームに似る。胞子紋は褐色。胞子は長さ(5.5)6~8(10.5)µm、幅4~5(5.5)µm、卵形(長楕円形~円柱形)。縁シスチジアは無い。
シロオオハラタケ
シロオオハラタケ柄
シロオオハラタケひだ
発生時期 夏~秋
大 き さ 中型~大型 直径6~20㎝
栄養摂取 腐生菌
発生場所 草地、芝生、林内、竹林内の腐葉の多い土上 
分  布 世界に色く分布
食  毒 不明
撮  影 豊橋市 15.7.15
シロオオハラタケ傘
シロオオハラタケ傘縁
シロオオハラタケ柄の上部
シロオオハラタケ柄
TOP Back