きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 シックイタケ  漆喰茸
中 国 名 白膏小薄孔菌 bai gao xiao bo kong jun
学  名 Antrodiella gypsea (Yasuda) T. Hatt. et Ryvarden
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 タマチョレイタケ目(Polyporales)
科  属 マクカワタケ科  Phanerochaetaceae  ニカワオシロイタケ属
 写真のものは杉の枯木についていたもの、木が倒れたせいか、傘の上面に管孔があり、背面が下になっている。(写真は上下を反転させた。)真っ白に近く、管孔の縁がやや歯牙状になっているところがあり、ヒメシロカイメンタケかと思ったが、孔口が5~6個であり、2菌糸型、菌糸にクランプがある。
 東アジアに分布する。針葉樹(スギなど)の枯木に側着生(無柄)~半背着生~背着生し、柔軟な海綿質。白っぽくて、半背着生~背着生になるものはヒメシロカイメンタケに外観が似ている。孔口が小さく、菌糸にクランプがあることで区別できる。傘は幅2~6㎝(数個連なって、長くなることも多い)、厚さ4㎜以下。背面は灰白色~淡灰褐色、微毛があり、藻類により緑色を帯びる。管孔面は汚白色、孔口は小さく、5~6(6~8)個/㎜。胞子は長さ約4(2.5~3.1) µm、幅約2(1.2~1.8) µm 長楕円形~惰円形。2菌糸型、原菌糸は幅約2µm、クランプがある。傘の骨格菌糸は幅3~4(<2.5)µm。
 ヒメシロカイメンタケOxyporus cuneatus は同じように針葉樹(スギなど)の枯木に半背着生~背着生し、柔軟な海綿質。傘は単生~重生し、半分になったり、長くなったりし、幅5㎝以下、長さ1㎝以下、厚さ5㎜以下、普通、半円形~棚状、背面は白色、灰色~帯黄色になり、密綿毛~伏毛があり、環紋状、平滑、縁も同色。管孔面は白色~アイボリー色、孔口は円形~角形、3~4個/㎜、縁はやや歯牙状、背景は白色、柔らかい繊維状、環紋状、厚さ4㎜以下。管孔層は背景と同色、厚さ2㎜以下。菌糸は1菌糸型、薄壁、分枝が多く、単隔壁、幅2.5~6µm。クランプを欠く。シスチジアには2型あり、若干多く、狭棍棒形~円筒形、先端が硬い外層で覆われ結晶をつけるものとつけないものがあり、長さ17~43µm、幅4~6µm。グロエオシスチジア(粘嚢状体)は子実下層にあり、粘性(屈折性)の物質を含み、円筒形~棍棒形、長さ17~28µm、幅5.5~9µm。胞子は長さ4~4.5µm、幅3~4µmの広惰円形~類球形、無色、平滑、非アミロイド。
シックイタケ
シックイタケ管孔
シックイタケ2
シックイタケ背面
シックイタケ管孔
発生時期 通年
大 き さ 小型~中型 直径2~6㎝
栄養摂取 白色腐朽菌 
発生場所 針葉樹(スギなど)の枯木、倒木
分  布 日本、中国、東アジア
食  毒 不食
撮  影 西尾市 14.12.13
TOP Back