きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
  クロゲシジミタケ(類似種)  黒毛蜆茸
中 国 名 毛伏褶菌 mao fu zhe jun
学  名 Resupinatus trichotis (Pers.) Sing.
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ亜綱 ハラタケ目(Agaricales)
科  属 キシメジ科   Tricholomataceae  シジミタケ属
 写真のものはクロゲシジミタケによく似ているが、側着生。傘の基部の毛が黒色でなく、淡褐色、しわ条線は見えない。小さいものはへら形である。
 子実体は群生し、柄がなく、背面の一部で広葉樹の枯木に付着する。傘は直径0.5~1.2㎝、貝殻形~扇形、表面は粘性がなく、灰色~暗灰色、放射状のしわ条溝線があり、基部に暗褐色~黒色の短粗毛が密生する。ひだはやや密~やや疎、灰色、幅約1㎜。肉は質が極薄く、傘の実質の一部にゼラチン層があり、暗入り。無味、無臭。胞子紋は白色。胞子は球形、直径4~5.5µm、平滑、非アミロイド。菌糸にクランプがある。
クロゲシジミタケ
クロゲシジミタケ傘
クロゲシジミタケひだ
クロゲシジミタケ毛
発生時期 初夏~秋
大 き さ 小型 直径0.5~1.2㎝
栄養摂取 腐生菌
発生場所 広葉樹の枯幹上
分  布 日本、ヨーロッパ、北アメリカ
食  毒 不食(食用価値なし)
撮  影 岡崎市 16.10.26
TOP Back