きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 コクサウラベニタケ  小臭裏紅茸
別  名 ヒメクサウラベニタケ
中 国 名 臭粉褶菌 chou fen zhe jun
英  名 foul-smelling entoloma
学  名 Entoloma nidorosum (Fr.) Quél.
Entoloma rhodopolium (Fr.) P. Kumm. f. nidorosum (Fr.) Noordel
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ亜綱 ハラタケ目(Agaricales)
科  属 イッポンシメジ科  Entolomataceae  イッポンシメジ属
 クサウラベニタケと区別されていなかったため、北半球に広く分布すると推定されている。
 広葉樹林下に群生。傘は直径3~5(9)㎝、円錐形~丸山形~中高扁平、縁が反転する。傘の背面は粘性なく、繊維状、淡灰褐色~淡オリーブ褐色、周辺は淡色、次第に肉色を帯びる。柄は長さ4~8(9)㎝、幅4~7(12)㎜、上下同径~逆棍棒形、中空、表面は帯白色、平滑。ひだはやや密につき、直生~上生~近離生、幅約5㎜、白色~淡紅褐色。肉は薄くてもろく、近表面色、無味、異臭。胞子は無色、長さ7~9(10)µm、幅6.5~8µm、五~七角形。
 クサウラベニタケEntoloma rhodopolium 傘は直径3~12㎝、饅頭形~広饅頭形~広鐘形~中丘扁平、粘性なく、褐灰色~灰白色、湿ると縁に条線が出る。柄は長さ5~13(15)㎝、幅5~15㎜、上下同径~逆棍棒形、中空~髄状、表面は帯白色、かすかに条線があり、基部ミセリウムは白色。ひだはやや密につき、上生~直生、幅6~10㎜、初め白色、後に淡紅褐色。肉は薄くてもろく、白色、無味、粉臭(新鮮なものは良い菌臭がする)。胞子紋はピンク色。胞子は無色、長さ8~10.5(11.5)µm、幅(5)7~9µm、五~六角形。シスチジアは無い。菌糸はクランプがある。
 タマウラベニタケEntoloma abortivum は日本、中国、ロシア、北アメリカに分布する。林内の朽木上に群生する。子実体が正常な傘とならず、団子状になることがある。傘は直径2~8(10)㎝、饅頭形~扁平、皿形、粘性なく、灰白色~灰褐色、縁は内巻きする。柄は長さ2~8㎝、幅5~15㎜、逆棍棒形~上下同径、表面は傘より淡色、上部に灰色条線が多く、基部のミセリウムは白色。ひだはやや疎~やや密につき、垂生し、幅約4㎜。肉は白色、傷つけても変色せず、無味、強い粉臭がある。胞子紋はピンク色。胞子は長さ7.5~9.5(11.5)µm、幅5~7(9)µm、楕円状多角形、平滑。クランプは無い(クランプがあるという報告もある)。
コクサウラベニタケ
コクサウラベニタケ2
発生時期 夏~秋
大 き さ 小型~中型 直径3~5(9)㎝
栄養摂取 外生腐生菌
発生場所 広葉樹林下 
分  布 北半球に広く分布
食  毒 有毒(抗がん剤の試験が行われている)
撮  影 西尾市 16.10.6
コクサウラベニタケ傘
コクサウラベニタケひだ
コクサウラベニタケ柄
TOP Back