きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 カレバキツネタケ  枯葉狐茸
中 国 名 淡茶色蜡蘑 dan cha se la mo , 灰酒紅蠟蘑 hui jiu hong la mo
学  名 Laccaria vinaceoavellanea Hongo
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ亜綱 ハラタケ目(Agaricales)
科  属 ヒドナンギウム科  Hydnangiaceae  キツネタケ属
  子実体はくすんだ肉色~暗肉色、乾くと白粉状の淡色になる。傘は直径3~6(7.5)㎝、饅頭形、放射状の溝条があり、中央が凹み、後に杯状になると、縁が著しく乱れる。柄は長さ5~8.5㎝、幅3~8㎜、上下同形、中実、強靭、傘と同色、表面に繊維状の条線がある。ひだは傘と同色~淡色~灰赤色、疎につき、直生~やや垂生、不等長。肉は薄く、傘色と同色、無味無臭。胞子紋は白色。胞子は無色、直径7.5~8.5µmの類球形、長さ約1µmの刺状の突起が密生する。菌子はクランプあり。
 オオキツネタケLaccaria bicolor 林内の放尿跡や動物に死体分解跡に単生~群生する。傘は直径2.5~7㎝、中央がやや窪み、縁は波打ち、溝線は無く、表面は湿時、赤褐色(きつね色)、乾くと黄褐色、細鱗片が密生する。柄は基部に淡藤色の菌糸がつく。ひだはやや疎、直生~垂生、ライラック色~肉色。
  ワサビカレバタケGymnopus peronatus は枯葉の上に群生する。傘は直径1.5~3.5(6)㎝、丸山形~饅頭形~扁平~杯状。背面は淡色であり、ベージュ色~淡黄褐色~枯草色~褐黄土色、放射状の皺があり、湿時、縁にやや条線がある。柄は長さ2.5~5(8)㎝、幅2~3(6)㎜、上下同径、表面は傘より淡色、下部に淡黄土色の毛がフェルト状に密生する。ひだは疎につき、上生~直生~離生、淡黄土色~淡褐色。肉は薄いやや革質、辛味があり、無臭。胞子紋は白色。胞子は無色、長さ7.5~11µm、幅3.5~4(4.5)µmの長楕円形~ウリ種子形。
カレバキツネタケ
カレバキツネタケ2
カレバキツネタケ
発生時期 夏~秋
大 き さ 小型~中型 直径3~6(7.5)㎝
栄養摂取 菌根菌
発生場所 林内の地上 
分  布 日本、朝鮮、中国、台湾、ニューギニア
食  毒 可食
撮  影 岡崎市 15.8.3
カレバキツネタケ傘
カレバキツネタケ傘2
カレバキツネタケひだ
カレバキツネタケひだ2
カレバキツネタケひだ4
TOP Back