きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 フクロツチガキ  袋土柿
中 国 名 袋形地星 dai xing de xing
英  名 rounded earthstar
学  名 Geastrum saccatum Fr.
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 スッポンタケ亜綱 ヒメツチグリ目(Geastrales)
科  属 ヒメツチグり科  Geastraceae  ヒメツチグり属
 夏~秋に広葉樹林、針葉樹林の地上、落葉上、まれに切株に単生~群生する。 子実体は初め平滑、幅2~3㎝、卵形の球体で先に嘴があり、成熟すると外皮は4~9個の三角状に裂けて剥け反転する。裂片(腕)はバフ色(黄土色に近い淡黄色のなめし革色)、吸湿性はなく、腕を広げると幅2~5㎝、淡色~タン色~黄土褐色、平滑、外面はバフ色~淡タン色、新鮮な時は弾力があり、ときに亀裂が入る。胞子嚢(基本体を包む無い皮)は幅0.5~2㎝、ほぼ球形、平滑、バフ色~鈍灰色~帯褐色~紫褐色、小さな円錐形の嘴(孔縁盤)があり、円形の隆起又は窪み(円座:しばしば淡色の区域)に囲まれる。胞子嚢の内部(基本体)は初期には固体、すぐに褐色粉状になる。胞子は直径3.5~4.5µmの球形、刺状、KOH中で帯褐色~帯黄色。弾糸は幅4~8µm、KOH中で帯黄色~帯褐色。シロツチガキ Geastrum fimbriatum は似ているが、円座がなく、底は点でなく広い部分(ボタンのように)でつき、後に腕の外側は普通、破片で覆われる。
 シロツチガキGeastrum fimbriatum 幼時は直径0.8~2㎝のほぼ球形、頂部がわずかに突出する。外皮は黄褐色~淡褐色、熟すと大きく 5~8(12)片に裂開して反転する。外皮は厚さ2~3㎜、内面は平滑、白色、後に淡褐色~黄褐色になる。基本体(グレバ)は内皮に包まれ、直径0.8~1.5(2)㎝の球形、無柄、内皮は紙質、平滑、白色~(次第に)暗褐色、頂部に小さい嘴状の繊維質の孔縁盤があり、円座は無い。胞子塊は淡褐色。胞子は褐色、直径3~4µmの球形、微細な疣状突起があり、非アミロイド。シスチジアは欠く。弾糸は褐色、幅4~7µm、厚壁、分岐は無い。
フクロツチガキ
フクロツチガキ2
フクロツチガキ3
フクロツチガキ4
フクロツチガキ胞子
発生時期 夏~秋
大 き さ 小型 直径0.5~2㎝(胞子嚢)
栄養摂取  腐生菌
発生場所 林内の腐葉の多い地上
分  布 日本、中国、北アメリカ、南アメリカ、アフリカ
食  毒 不食
撮  影 西尾市 14.10.24
TOP Back