きのこ図鑑
■草樹類検索 ■シダ類検索 ■コケ類検索 ■地衣類検索
TOP きのこ一覧 きのこ用語 日本語-英語 英語-日本語
 ヒイロベニヒダタケ  緋色紅襞茸
別  名 ベニガサハナヨメタケ
中 国 名 绯红色摺菌 fei hong se zhe jun
英  名 flame shield , orange pluteus
学  名 Pluteus aurantiorugosus (Trog) Sacc.
分  類 坦子菌門 ハラタケ亜門 ハラタケ綱 ハラタケ亜綱 ハラタケ目(Agaricales)
科  属 ウラベニガサ科  Pluteaceae  ウラベニガサ属
 夏~秋に広葉樹の枯木、丸太、切株などに単生~少数群生する。傘は直径2~5㎝、饅頭形~広饅頭形~近扁平、ときに中央が丘状に尖ることが多く、乾き又は湿気があり、わずかに顆粒状、ときにしわがあり、縁に条線は無く又は成熟するとかすかに有り、幼時、鮮緋色~橙色、古くなると橙黄色に退色する。柄は中空、長さ3~6㎝、幅5~10㎜、上下同径~やや下部が太く、表面は細かい毛があり、繊維状、上部は帯白色~帯黄色、下部は傘色で目立つ。基部のミセリウムは白色~帯黄色。ひだはやや密~ほぼ密につき、離生、小ひだが多く、帯白色、後にピンク色を帯び、縁がしばしば帯黄色になる。肉は淡黄色、無味無臭,、変色性なし。胞子紋はピンク色。胞子は惰円形、長さ5.5~8µm、幅4~5µm、平滑、無色、単一油滴、非アミロイド。子実層シスチジアはまれ、広フラスコ形、薄壁、長さ50µm、幅15µm以下。傘上表皮は嚢状被、膨らんだ末端細胞がある。クランプは無い。
ヒイロベニヒダタケ
ヒイロベニヒダタケ2
発生時期 夏~冬
大 き さ 小型~中型 直径2~5㎝
栄養摂取 腐生菌
発生場所 広葉樹の倒木、腐朽材
分  布 北半球温帯以北に広く分布
食  毒 可食
撮  影 蒲郡市 15.7.19
ヒイロベニヒダタケ傘
ヒイロベニヒダタケ傘表面
ヒイロベニヒダタケひだ
TOP Back