ヤワラスゲ  柔菅
[中国名] 横果薹草 heng guo tai cao
[学名] Carex transversa Boott.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
ヤワラスゲ穂
ヤワラスゲ果胞
ヤワラスゲ苞の鞘
ヤワラスゲ基部
ヤワラスゲ
ヤワラスゲ果実
ヤワラスゲ基部と根
ヤワラスゲ葉表
ヤワラスゲ葉裏
 和名の由来は柔らかそうに見えることから。
 根茎は短く、匐枝はない。茎の基部の鞘は濃赤色を帯びる。葉は幅2.5~5.5㎜、柔らかく、曲がって垂れ下がる。小穂は茎の上部に3~4個直立してつき、最上部の雄穂は長さ1~3㎝、幅2.5~5.5㎜の線形。下の雌小穂は長さ2~3㎝の円柱形、一番下の小穂は離れてつき、長い柄があり、苞に鞘がある。果胞は4.5~6.5㎜、長い嘴がつき、口部は斜形~やや2歯、乾くと褐色になる。鱗片は長い芒があり、果胞と同長。果胞が丸く膨らむと鱗片の芒が目立つ。花柱は3岐。痩果は長さ約2㎜の3稜のある卵形、黄褐色~淡褐色。
 アワボスゲは果胞の嘴が短い。
 ミヤマシラスゲは果胞が鱗片より大きくて丸く、隙間なく密集し、乾くと黒くなる。
[花期] 4~6月
[草丈] 20~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 平地、丘陵、山地の湿地、草地
[分布] 在来種 本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 幡豆町   05.5.14
TOP Back