ミヤマシラスゲ  深山白菅
[中国名] 密花薹草 mi hua tai cao
[学名] Carex confertiflora Boott
Carex olivacea Boott subsp. confertiflora (Boott) T.Koyama
Carex olivacea Boott var. angustior Kuk.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  スゲ属
三河の植物観察
ミヤマシラスゲの花序
ミヤマシラスゲの雌小穂
ミヤマシラスゲの熟した雌小穂
ミヤマシラスゲの果胞
ミヤマシラスゲ
ミヤマシラスゲ葉の基部
ミヤマシラスゲ葉の表裏
ミヤマシラスゲ果実
 匍匐根茎が横に這って広がり、群生する。茎の基部の鞘は淡色。葉は幅.8~12(15)㎜、厚くて柔らかく、3脈が目立つ。葉裏は粉白色。茎の一番上につく雄小穂は線形で褐色。雌小穂は2~6個がつき、長さ2.5~6㎝の円柱形。苞は葉に似て長く、鞘はない。果胞は長さ約4㎜、熟すと丸く、しわがあり、隙間なく密集し、暗褐色になるのが特徴。鱗片は果胞より短いものが多く、淡緑色、凹頭~鈍頭で、先が長い芒になる。小穂の基部の果胞に鱗片の長いものが見られる。果実は果胞の長さの約半分と小さく、3稜のある倒卵形、頂部は嘴状となる。小さな長惰円形の果実が混ざる。柱頭は3岐。
 よく似たカサスゲは果胞が密集せず、鱗片の縁が紫褐色。
[花期] 5~7月
[草丈] 30~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 丘陵、山地の湿地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国
[撮影] 設楽町 02.5.25
TOP Back