ヤマゼリ  山芹
[中国名] 山芹 shan qin
[学名] Ostericum sieboldii (Miq.) Nakai
セリ科 Apiaceae (Unbelliferae)  ヤマゼリ属
三河の植物観察
ヤマゼリ花
ヤマゼリ花
ヤマゼリ小総苞片
ヤマゼリ果実
ヤマゼリ
ヤマゼリ花序
ヤマゼリ葉
 若葉は普通のセリのように食べられる。全体に普通、無毛。茎は中空、無毛~わずかに毛がある。葉柄は長さ5~20㎝。葉鞘は三角状卵形。葉は2~3回3出複葉、長さ20~45㎝、幅17~40㎝。小葉は質が薄く、長さは5~12㎝、幅3~6㎝の長卵形~長楕円形、無柄~短柄、丸味を帯びた粗い鋸歯があり、ときに鋸歯の縁に短毛がある。花は白色、花弁は先が内側に曲がる。大散形花序の柄は6~10本、やや不同長、4~5綾形で、稜は鋭く、ときに稜上に短毛がある。総苞片(大花序の苞片)は少数。小総苞片(小花序の苞片)は狭披針形、無毛、縁が膜質。萼歯はほぼ正3角形、果時まで宿存する。果実は2個の分果からなり、長さ5~7㎜のわずかに扁平な卵状楕円形。果実の翼(側隆条=側面の隆起線)は狭く、3本の背隆条(背面につく隆条線)もそれより狭い翼となる。2n=22。
 葉の縁及び脈上に短毛が散生するものはケヤマゼリという。
[花期] 9~10月
[草丈] 50~150㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野
[分布] 在来種  本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 設楽町  14.9.23
TOP Back