ヤマノコギリソウ  山鋸草
[中国名] 短瓣蓍 duan ban shi
[学名] Achillea ptarmicoides Maximovicz
Achillea alpina L. subsp. alpina var. discoidea (Regel) Kitam.
Achillea alpina L. var. discoidea (Regel) Kitam.
Achillea sibirica Ledebour var. discoidea Rege
キク科 Asteraceae (Compositae) ノコギリソウ属
三河の植物観察
ヤマノコギリソウの花
ヤマノコギリソウの花2
ヤマノコギリソウの葉
ヤマノコギリソウの茎
ヤマノコギリソウ
 学名は同義語が多くわかりにくい。草丈がやや低く、総苞は長さ5~6㎜、幅 3.5~4㎜の鐘形。総苞片3列。外片長さ1.5~2㎜、中片長さ葯2.8㎜、内片長さ約3.2㎜。花もやや小さく、舌状花は6~8個。小舌は長さ0.8~1.5㎜、幅1.1㎜、ほとんどないものもある。痩果は長さ約2.2㎜、冠毛はない。2n=36。
 日本のヤマノコギリソウは小舌の長さ3㎜以下といわれており、中国の短瓣蓍 duan ban shの小舌の長さ0.8~1.5㎜とずれがある。
 ノコギリソウは小舌の長さ3.5~4.5㎜。ただし3㎜以下のものも含めた広義の意味でノコギリソウとしている場合もある。
[花期] 7~9月
[草丈] 20~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の草原
[分布] 在来種 本州(中部地方以北)、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア
[撮影] 八島ケ原湿原  03.8.7
TOP Back