ヤマモガシ  山茂樫
[中国名] 小果山龙眼 xiao guo shan long yan
[学名] Helicia cochinchinensis Lour.
ヤマモガシ科  Proteaceae  ヤマモガシ属
三河の植物観察
ヤマモガシ蕾
ヤマモガシ葉
ヤマモガシ花
ヤマモガシ果実
ヤマモガシ幹
ヤマモガシ樹皮
ヤマモガシ
ヤマモガシ花序
ヤマモガシ若葉表
ヤマモガシ若葉裏
ヤマモガシ果実2
ヤマモガシ種子
 ホルトトキは別名をモガシといい、似ているためヤマモガシという。
 幹は紫褐色、紐状の皮目が入る。樹幹に少しずつ黄変する葉が見られ、若木の葉に鋭い鋸歯があるのが特徴。葉は互生し、長さ5~12(15)㎝、幅2.5~5.5㎝の倒披針形~惰円形、紙質~薄い革質、無毛、基部は楔形、ほぼ全縁、若木やひこばえには鋭い不規則な鋸歯がある。側脈は5~8対。葉柄は長さ5~15㎜。総状花序は長さ7~14(20)㎝のブラシ状。花は2個ずつ対につき、黄白色、花被片は4個つき、長さ9~12㎜の線形、強く反曲する。雄しべは4個、花被片の中間につき、葯は長さ2~3㎜。雌しべは1個、花柱が細長く、柱頭は棍棒状。液果は長さ10~15㎜、幅8~10㎜の惰円形、黒紫色~黒色に熟す。果皮は厚さ約0.5㎜。種子は果実に1個。
 ホルトノキは幹に細かい皮目があり、葉は鋸歯縁、1年中葉が少しずつ赤くなるのが特徴。ツクバネガシとアカガシの雑種はオオツクバネガシという。両者の中間的な様々な形態を見せる。
[花期] 7~9月
[果期] 11~翌1月
[樹高] 3~20m
[生活型] 常緑高木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種  本州(東海地方以西)、四国、九州、沖縄、朝鮮、中国、カンボジア、タイ、ベトナム
[撮影] 田原市  14.8.19
TOP Back