ヤマエンゴサク  山延胡策
[学名] Corydalis lineariloba Sieb. et Zucc.
ケシ科 Papaveraceae キケマン属
三河の植物観察
ヤマエンゴサクの花
ヤマエンゴサクの苞
ヤマエンゴサクの葉
  
ヤマエンゴサク
ヤマエンゴサク丸葉
 葉は2~3回3出複葉、柄がある。小葉は普通、卵円形~披針形、細く、3~4裂する。小葉の形には変化が多く、小葉に切れ込みがなく、円形のものもある。花は長さ1.5~2.5㎝の筒状花。花が縦につき、花色も普通、淡青色。ジロボウエンゴサクと違い、苞は先が3~5裂する。果実は長さ6~7㎜。種子は平滑、種沈がある。
 ジロボウエンゴサクは花が紅紫色~青紫色で横向きにつき、苞が全縁。
 エゾエンゴサク Corydalis ambigua は東北地方以北に分布し、苞が普通、全縁又は不規則に切れ込む。
[花期] 4~5月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山野の林内、林縁
[分布] 在来種 本州、四国、九州
[撮影] 旭町   04.4.4
TOP Back