ヤマブキショウマ  山吹升麻
[中国名] 假升麻 jia sheng ma
[英名] bride's feathers , Buck's-beard , goat's-beard
[学名] Aruncus sylvester Kostel. ex Maxim
Aruncus dioicus (Walter) Fernald 広義
Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. kAruncus dioicus (Walter) Fernald var. kamtschaticus (Maxim.) H.Hara 狭義
バラ科 Rosaceae  ヤマブキショウマ属
三河の植物観察
ヤマブキショウマの花序
ヤマブキショウマの花
ヤマブキショウマの葉の鋸歯
ヤマブキショウマ
ヤマブキショウマの葉
 和名の由来は葉がヤマブキに似ていることから。地域的な変異が多く、どこまで同一種とするのか説がいろいろあり、学名も多数ある。日本にはヤマブキショウマ属は1種のみが自生する。
 葉は2回3出複葉。小葉は長さ5~13㎝、幅2~8㎝の卵形で先が尖り、鋭くてよくそろった重鋸歯がある。葉の側脈は11対~15対あり、あまり曲がらず、葉の縁に達し、明瞭。円錐花序に多数の小花をつける。花は直径2~4㎜、花柄は長さ約2㎜。雌雄異株。雄株の雄しべは20個、長さは花弁の約2倍。雌株の花柱は3個、袋果は3心皮。
 ユキノシタ科のアカショウマチダケサシトリアシショウマは雄しべ約10本、2心皮で、葉の側脈は曲り、脈が縁に達しない。葉が3回3出複葉。花弁が雄しべと同長以上。
[花期] 6~8月
[草丈] 30~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、ネパール、西南アジア、ヨーロッパ、アラスカ
[撮影] 栂池自然園  07.7.27

 ヤマブキショウマ属

  family Rosaceae - genus Aruncus
 
 多年草、ときに基部が木質になり、雌雄同株。根茎は強健。茎は直立、角張る。葉は無托葉、1~3回羽状、まれに3小葉。小葉は鋭い重鋸歯。花序は大きい穂状花序状、多数の花がつく円錐花序。花序柄と花柄には軟毛と星状毛がある。苞と小苞は線状披針形。花は無柄~ほぼ無柄、単性まれに両性。花托筒は円蓋形、縁が輪状の花盤をもつ。咢片は (4~)5(~ 6)個、果時に宿存し、三角形、外面は無毛又はほぼ無毛、全縁、先は鋭形。花弁は5個、白色、倒卵形、基部は楔形、先は鈍形。雄花は雌しべが15~30本、花托筒の縁につく。花糸は細い、花弁より長い。心皮は退行性。雌花は花糸が短井。葯は不稔。心皮は3又は4(~8)個。袋果は無毛、果時に下向きで垂れ下がり(ミヤマヤマブキショウマは上向き)、内側の縫い目に沿って裂開する。種子は2個。
 世界に2(4又は1)個あり、北半球に分布する。
Aruncus arthusifolius (H.Lev.) Nakai⇒Aruncus dioicus var. aethusifolius
Aruncus gombalanus (Hand.-Mazz.) Hand.-Mazz.⇒Aruncus dioicus var. rotundifoliolatus
Aruncus sylvester Kostel. ex Maxim.⇒Aruncus dioicus var. kamtschaticus
Aruncus dioicus (Walter) Fernald.⇒Aruncus sylvester

 ヤマブキショウマ属の主な種と園芸品種

 1  Aruncus dioicus (Walter) Fernald  ヤマブキショウマ 広義
   synonym Aruncus sylvester Kostel. ex Maxim. [Flora of China]
 日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、インド、ブータン、シッキム、ネパール、アルメニア、アゼルバイジャン、ジョージア、トルコ、ヨーロッパ、北アメリカ原産。中国名は假升麻 jia sheng ma 。英名はbride's feathers , Buck's-beard , goat's-beard。山地の斜面の混合林、渓谷に生える。
 高さ3m以下、基部は木質になる。茎は帯暗紫色、無毛。葉は2~3回羽状、小葉柄は長さ4~10㎜。小葉は菱状卵形~卵状披針形~長い楕円形、長さ5~13㎝×幅2~8㎝、両面ともほぼ無毛、基部は楔形、縁は不規則な歯状、先は尖鋭形~長尖鋭形。円錐花序は緩く、長さ10~40㎝×幅7~17㎝。花序柄と花柄は果時に無毛になる。苞と小苞はまばらに軟毛がある。。雄花は花は直径2~4㎝。花柄は長さ約2㎜。花托筒にはわずかに軟毛がある。咢片は果時に開出又は直立。雄花は花糸が花弁の長さの約2倍。花期は6月。果期は8~9月。
品種) 'Aurea' , Child of Two Worlds , 'Glasnevin' , 'Horatio' , 'Kneiffii' , 'Misty Lace' , 'Ribby' , 'Southern White' , 'Whirlwind' , 'Zweiweltenkind'

1-1 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. aethusifolius (H.Lev.) H.Hara  タンナショウマ 耽羅升麻
   synonym Aruncus arthusifolius (H.Lev.) Nakai [GRIN]
   synonym Aruncus sylvester Kostel. ex Maxim.[Kewscience]
 朝鮮(済州島)原産。英名はdwarf goat's-beard 。別名はタンナチダケサシ(丹那乳茸刺).
 全体に小型、矮性。
品種) 'Filigran' , 'Herbstglut' , 'Little Gem' , 'Noble Spirit' , 'Opulenz' , 'Porzellan' , 'Waddow Scarlet'

1-2 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. astilboides (Maxim.) H.Hara  ミヤマヤマブキショウマ
   synonym Aruncus sylvester Kostel. ex Maxim. var. astilboides (Maxim.) Makino 
   synonym Aruncus astilboides Maxim.
 岩手県(早池峰山)固有変種。高さ25~50㎝。葉先が鋭形で、長い尖鋭形にならない。袋果が上向きで垂れ下がらない。花期は7~8月。
1-3 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. insularis H.Hara  シマヤマブキショウマ 島山吹升麻
 伊豆七島に分布。苞、萼片、花弁が長く、花弁は楕円形で、花柱も長い。 

1-4 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. kamtschaticus (Maxim.) H.Hara  ヤマブキショウマ 山吹升麻
   synonym Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. tenuifolius (Nakai ex H.Hara) H.Hara 
   synonym Aruncus kamtschaticus (Maxim.) Rydb.
   synonym Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. asiaticus (Pojark.) Kitag.
   synonym Aruncus sylvester Kostel. ex Maxim. var. kamtschaticus Maxim. 
   synonym Aruncus sylvester Kostel. ex Maxim. [the Plant list , Flora of China]

品種) 'Glasnevin' , 'Hillside Gem' , 'Hissa' , 'Little Gem' , 'Noble Spirits' , 'Sommeranfang'

1-4-1 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. kamtschaticus (Maxim.) H.Hara f. laciniatus (H.Hara) H.Ikeda  キレハヤマブキショウマ
   synonym Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. tenuifolius (Nakai ex H.Hara) H.Hara f. laciniatus (H.Hara) Sugim. 
   synonym Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. laciniatus (H.Hara) H.Hara 
1-4-2 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. kamtschaticus (Maxim.) H.Hara f. latilobus (H.Hara) H.Ikeda  アポイヤマブキショウマ
   synonym Aruncus sylvester Kostel. ex Maxim. var. subrotundus (Tatew.) Ohwi
   synonym Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. subrotundus (Tatew.) H.Hara
 北海道に分布。小葉は厚くて硬く、幅が広く、鋸歯が深い。

1-4--3 Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. kamtschaticus (Maxim.) H.Hara f. tomentosus (Koidz.) H.Hara  エゾヤマブキショウマ 
 毛が多い。

 2  Aruncus gombalanus (Hand.-Mazz.) Hand.-Mazz.
   synonym Aruncus dioicus (Walter) Fernald var. rotundifoliolatus H. Hara.
 中国原産。贡山假升麻 gong shan jia sheng ma

 3  その他
品種) 'Bastei' , 'Chantilly Lace' , 'Guinea Fowl' , 'Horatio' , 'Johannifest' , 'Misty Lace' , 'Netzwerk' , 'Noble Spirit' , 'Perlehuhn' , 'Sparkles' , 'Ulf' , 'Woldemar Meier' ,



 参考

1) Flora of Cnina
 Aruncus
 http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=2&taxon_id=102737
2) GRIN
 Aruncus
 https://npgsweb.ars-grin.gov/gringlobal/taxonomygenus.aspx?id=1016
3)Plants of the World Online | Kewscience
 Aruncus
 http://powo.science.kew.org/taxon/urn:lsid:ipni.org:names:725814-1

TOP Back