ヤマブキ  山吹
[中国名] 棣棠花 di tang hua
[英名] Japanese rose,Japanese kerria
[学名] Kerria japonica (L.) DC.
バラ科 Rosaceae  ヤマブキ属
三河の植物観察
ヤマブキの花
ヤマブキの花2
ヤマブキの花後の萼
ヤマブキの葉の鋸歯
ヤマブキ
ヤマブキの葉表
ヤマブキの葉裏
 山地に点在して生え、叢生する。黄色(ヤマブキ色)の鮮やかな花が好まれ、古くから庭にもよく植えられている。栽培されるものは八重咲きも多い。
 枝は初期に緑色、4稜があり、後に褐色になる。托葉は長さ5~15㎜の楕円状披針形~線形、花後に落ちる。葉は互生し、葉身は長さ3~10㎝、幅2~4㎝の三角状卵形~長卵形、鋭い重鋸歯縁、質が薄く、基部はやや心形~円形、葉先が尾状に伸び、葉脈が深く目立つのが特徴。葉柄は長さ5~15㎜、無毛~まばらに毛がある。花柄は長さ8~15㎜。花は直径2.5~6㎝、黄色の5弁花。花弁は長さ1.5~2㎝、幅1~1.8㎝、先がわずかに凹む。萼片は花弁と同長~1/4の長さ、果時にも残る。雄しべは多数。心皮は5~8個。花柱は糸状。痩果は1~5個、固まってつき、長さ4~4.5㎜、幅3.5~4㎜、倒卵形~半円球、黒褐色。種子は淡褐色、長さ2.5~3㎜の半円形。2n=18。
 シロバナヤマブキ form. albescens は花が黄白色の品種。花が白色のシロヤマブキ Rhodotypos scandens は4弁花、葉が対生する。
 ヤエヤマブキ form. plena は花が八重の品種。
 キクザキヤマブキ form. stellata は花弁が6~8個あり、幅が狭いもの。
[花期] 4~5月
[樹高] 1~2(3)m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、中国
[撮影] 旭町   04.4.18
TOP Back