ヤマブドウ  山葡萄
[英名] crimson gloryvine
[学名] Vitis coignetiae Pulliat ex Planch.
Vitis coignetiae Pulliat ex Planch. var. glabrescens Nakai
ブドウ科 Vitaceae  ブドウ属
ヤマブドウの葉
ヤマブドウの葉裏
ヤマブドウの果実
ヤマブドウ
 蔓は濃褐色、樹皮が縦に裂けて剥がれる。葉は互生し、長さ10~30㎝、幅10~25㎝の五角状円心形、普通、浅く3裂し、縁に浅鋸歯。葉がエビヅルよりかなり大きく、同じようにクモ毛が生える。葉柄は長さ約20㎝。雌雄異株。雌花、雄花とも黄緑色、花弁は5個、開花後すぐに落ちる。果実は直径約8㎜で、黒く熟すと、甘酸っぱくて美味しく、栽培もされている。種子は長さ約5㎜の広倒卵形。
[花期] 6~7月
[果期] 10~11月
[樹高] つる性
[生活型] 落葉性木
[生育場所] 山地の林縁
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、朝鮮、ロシア
[撮影] 茶臼山    05.7.18
TOP Back