ヤブタバコ  藪煙草
[中国名]

天名精 tian ming jing

[学名] Carpesium abrotanoides L.
キク科 Asteraceae  ガンクビソウ属(ヤブタバコ属)
三河の植物観察
ヤブタバコの花
ヤブタバコの花2
ヤブタバコの総苞片
ヤブタバコの果実2
ヤブタバコの痩果2
ヤブタバコの葉裏の腺点
ヤブタバコ
ヤブタバコ花序
ヤブタバコの果実
ヤブタバコの痩果
ヤブタバコの葉表
ヤブタバコの葉裏
 茎は太く、軟毛があり、よく分枝する。根生葉は花期にはない。下部の茎葉は長さ20~38㎝、幅8.5~15㎝の広楕円形~長楕円形、質が薄く、腺点があり、短毛が生える。葉の基部は狭くなり、広い翼のある葉柄へと続く。葉縁は不規則な先が点状の歯牙状。葉先は鈍形~鋭形。上部の葉は無柄、長楕円形、腺点があり、小さく、先が鋭形。頭花は葉腋に下向きに、多数つき、幅6~8㎜、短い花柄があり(普通、無柄)、穂状花序的に配置され、普通、苞がなく、開花時には反曲する。総苞は鐘状球形。総苞片は3列、外片は短く、卵形、尖鋭形、短毛があり、基部は薄膜状の革質、先は草質。中片と内片は長楕円形、先が円い。小花は130~300個つき、周辺小花の花冠は円筒形、長さ約3㎜。中心小花は長さ約2.5㎜。痩果は長さ3~3.5㎜、嘴は長さ約0.7㎜、嘴と基部に腺があり、粘る。2n=36,40
 名前と反対で、コヤブタバコの頭花の方が大型、直径15~18㎜、花柄が長く、花が白緑色。
[花期] 8~10月
[草丈] 50~100cm
[生活型] 2年草
[生育場所] 山野の林縁
[分布] 在来種 日本全土、朝鮮、中国、ロシア、インド、ナパール、ミャンマー、ベトナム
[撮影] 新城市 12.8.30
TOP Back