ヤブデマリ  藪手毬、藪手鞠
[中国名] 蝴蝶戏珠花 hu die xi zhu hua
[英名] doublefile viburnum
[学名] Viburnum plicatum Thunb. var. tomentosum (Thunb.) Miq.
Viburnum plicatum Thunb. form. tomentosum (Miq.) Rehder
レンプクソウ科 Caprifoliaceae  ガマズミ属
三河の植物観察
ヤブデマリ装飾花
ヤブデマリ装飾花の萼
ヤブデマリ両性花
ヤブデマリ両性花横
ヤブデマリ葉裏の星状毛
ヤブデマリの未熟な果実
ヤブデマリの果実
ヤブデマリ幹
ヤブデマリ
ヤブデマリ花
ヤブデマリ葉表
ヤブデマリ葉裏
ヤブデマリ葉柄
 幹は灰黒色。枝を水平に広げる。葉は対生し、長さ5~12㎝、幅3~7㎝の惰円形~広惰円形、側脈は7~12対、葉脈が深く、明瞭。葉裏や葉柄に星状毛がある。水平に広がった枝に上向きに並んで、散房花序をつける。散房花序は直径5~10㎝。直径約5㎜ の小さな両性花のまわりに、直径約3㎝の大きな装飾花をつける。装飾花は5裂し、裂片の1個がきわめて小さいため、裂片は4個に見える。果実は長さ5~6.5㎜、幅3~4㎜の倒卵状球形の核果で、熟すと赤くなり、次第に黒くなる。核は長さ4~5.5㎜、幅2.5~3㎜、つぶれた楕円形、幅の広い溝が1本ある。
 ケナシヤブデマリ Viburnum plicatum var. plicatum form. glabrum は北海道、本州(日本海側)に分布する。葉がほぼ無毛、葉幅が広く、ヒロハヤブデマリともいう。
 オオデマリ Viburnum plicatum var. plicatum form. plicatumはケナシヤブデマリの栽培品種であり、装飾花だけからなる。英名はJapanese snowball。この他にもヤブデマリやケナシヤブデマリの園芸品種は多く、ヤブデマリのように両生花のあるものもある。
[花期] 4~6月
[樹高] 2~6m
[生活型] 落葉低木~小高木
[生育場所] 湿った林内、林縁
[分布] 在来種 本州(関東以西)、四国、九州,、中国、台湾
[撮影] 豊田市  02.5.25
TOP Back