ワサビ  山葵
[英名] wasabi ,Japanese-horseradish
[中国名] 块茎山萮菜 kuai jing shan yu cai
[学名] Wasabia japonica ( Miq.) Matsum.
Eutrema japonicum (Miq.) Koidz.
アブラナ科 Brassicaceae (Crucifera)  ワサビ属
三河の植物観察
ワサビの花序
ワサビの花
ワサビの葉
ワサビ
ワサビ茎葉
 ワサビは栽培され、静岡県や長野県など、日本各地に特産地がある。台湾でも栽培され、野生化している。
 根茎は節が多数あり、太い円柱状。根生葉は直径6~12㎝のほぼ円形で、基部は心形、縁には波状の鋸歯があり、長さ10~20㎝の葉柄がある。茎葉は互生し、小型の三角形。花茎は直立し、総状花序に花を多数つける。花は直径約1㎝の白色4弁花。雄しべ6個。果実は長さ1~2㎝、幅1.5~2㎜の円筒形。種子は長さ2~3㎜の丸みのある惰円形。2n=28。
 ユリワサビは小型で、花茎が倒れやすい。
[花期] 3~5月
[草丈] 20~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の渓谷
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、ロシア
[撮影] 鳳来町  04.4.10
TOP Back