ウツボグサ  靫草
[別名] カコソウ 夏枯草
[中国名] 山菠菜 shan bo cai
[学名] Prunella vulgaris L. subsp. asiatica (Nakai) H.Hara
Prunella vulgaris L. subsp. asiatica (Nakai) H.Hara var. lilacina Nakai form. asiatica (Nakai) H.Hara
Prunella vulgaris L. var. lilacina Nakai
Prunella asiatica Nakai
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  ウツボグサ属
三河の植物観察
ウツボグサ花
ウツボグサ花と萼
ウツボグサ雄しべ
ウツボグサ花序
ウツボグサ果期
ウツボグサ果実
ウツボグサ茎
ウツボグサ
ウツボグサ茎上部の葉
ウツボグサ中部の葉
ウツボグサ茎下部の葉
ウツボグサ分果
 花に特徴があり、道端で比較的よく見られる。和名は花穂が矢の携帯用収納武具のウツボ(空穂)に似ていることに由来する。また、夏になっても枯れた花が残ることから、夏枯草(カコソウ)とも呼ばれる。中国名の夏枯草はセイヨウウツボグサを指す。
 茎は4稜形、稜には上向きの毛があり、下部は這い、上部は直立する。葉は対生し、長さ3~4.5㎝、幅1~1.5㎝の卵形~卵状惰円形、わずかに波状~円鋸歯状の低い鋸歯がある。下部の葉には長さ1~2㎝の葉柄があり、毛が密生する。花穂の長さは3~5(8)㎝。苞は長さ5~8㎜、幅6~8㎜の卵形。花は長さ18~21㎜の唇形花、筒部は長さ約10㎜。上唇は大きく、長さ約9㎜、幅約6㎜の惰円形、稜がある。下唇は長さ約8㎜、幅約9㎜, 3裂し、中央裂片の先に歯がある。花の色は紫色だが、色の濃さには個体差がかなりある。萼は長毛があり、長さ約1㎝の2唇形、筒部は長さ約4㎜。萼の上唇は浅い3歯があり、下唇は深い2歯がある。萼の上唇の縁が折れ、下唇を包み、果期にも萼が残る。果実は4分果。分果は長さ約1.5㎜、幅約1㎜、褐色。2n=28
 高山に生えるタテヤマウツボグサは日本固有種。やや大型で、花穂の長さが短く、葉の基部が茎を抱く。
 セイヨウウツボグサ subsp. vulgaris はヨーロッパ、アジア、北アフリカに分布する。USDA(ARS)では日本、朝鮮、中国も原産地に含めている。英名はselfheal。中国名は夏枯草(xia ku cao)。よく栽培され、花穂が長さ2~4㎝と短く、花も長さ約13㎜と小さい。葉は長さ1.5~6㎝、幅0.7~2.5㎝の卵状惰円形~卵形、縁は波状~全縁。2n=28
 subsp. lanceolata はヨーロッパ、北アメリカ、アジアに分布する。英名はlance selfheal 。中国名は狭叶夏枯草(xia ye bian zhong)。 USDA(ARS)では日本も原産地に含め、Flora of Chinaでは日本を含めていない。花はセイヨウウツボグサとよく似ている。葉が長さ1.5~4㎝、幅0.6~1㎝の披針形~楕円状披針形、全縁。
[花期] 6~8月
[草丈] 20~60㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 草地、道端
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国
[撮影] 新城市  05.7.2(花)
豊橋市  14.7.18(果実)
TOP Back