タテヤマウツボグサ  立山靫草
[学名] Prunella prunelliformis (Maxim.) Makino
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  ウツボグサ属
三河の植物観察
タテヤマウツボグサの花
タテヤマウツボグサの葉
タテヤマウツボグサ
 ウツボグサに比べ、全体に大型。葉は対生し、長さ3~8㎝、幅1.5~4㎝の狭卵形~広卵形、葉柄がほとんどなく、基部が茎を抱き、先が尖り、鋸歯縁。花柄が短く、花穂がウツボグサほど長くならず、短い。花冠は長さ2.5~3㎝、青紫色~赤紫色。
[花期] 6~8月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 亜高山~高山の草地
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(中部地方以北)
[撮影] 八方尾根 07.7.27
TOP Back