ウスベニツメクサ  薄紅爪草
[中国名] 无翅拟漆姑 wu chi ni qi gu
[英名] red sand spurry , roadside sand spurry , sand spurry
[学名] Spergularia rubra (L.)J.Presl et C.Presl.
ナデシコ科 Caryophyllaceae  ウシオツメクサ属
三河の植物観察
ウスベニツメクサの花
ウスベニツメクサの雄しべ
ウスベニツメクサの蕾
ウスベニツメクサの果実
ウスベニツメクサの托葉
ウスベニツメクサの托葉
ウスベニツメクサ
ウスベニツメクサ
ウスベニツメクサ種子
 ウスベニツメクサはアメリカやオーストラリアなどの海岸にも帰化している。外部から砂を入れた宮崎海岸の砂浜に多い。花は3月から見られるが、天気の悪い日には花は開かない。全体に白緑色。茎は基部から分枝し、地を這って広がることが多く、先端が立ち上がる。場所によっては基部から斜上する。茎の上部は線毛が多く、白緑色。茎の下部は無毛で、赤色を帯び、直径0.3~0.6㎜。葉はやや多肉質で2~4個が房状に対生(偽輪生)し、長さ4~25㎜の線形。葉の長さは変化が多い。葉の腺毛はまばらか又は無毛。托葉は白く、先が鋭い披針形で、基部もほとんど合着しないのが特徴。花は全体に淡紅色(中心部がやや白くなることもある。)、直径約5㎜。雄しべは6~10(普通10又は8)個。花柱は3個。萼片は長さ2~3.2㎜、腺毛が多い。蒴果は長さ3.5~5㎜、萼の長さの1~1.2倍。種子は長さ0.4~0.6㎜、赤褐色~暗褐色、周囲だけに円柱形の突起がある。2n=18,27,36,54
 混同されやすい類似種にウシオツメクサ(S. marina) 、ウシオハナツメクサ(S. bocconii)がある。
[花期] 3~9月
[草丈] 4~25㎝
[生活型] 1年草又は多年草
[生育場所] 海岸、道端
[分布] 帰化種  中国、インド、アフガニスタン、カザフスタン、西アジア、ロシア、ヨーロッパ、北アフリカ原産
[撮影] 西尾市(旧吉良町)  02.3.23
TOP Back