ウマノアシガタ  馬の脚形
[別名] キンポウゲ(金鳳花)
[中国名]

毛茛 mao gen

[学名] Ranunculus japonicus Thunb.
キンポウゲ科 Ranunculaceae  キンポウゲ属
三河の植物観察
ウマノアシガタの花序
ウマノアシガタの花
ウマノアシガタの花弁の蜜腺
ウマノアシガタの萼
ウマノアシガタの蕾
ウマノアシガタの集合果
ウマノアシガタの熟した集合果
ウマノアシガタの茎
ウマノアシガタ
ウマノアシガタの雌しべ
ウマノアシガタの果実
ウマノアシガタの葉表
ウマノアシガタの葉裏
 和名の由来は根生葉が馬のひずめに似ていることから。根は紡錘状に膨らむ。茎や葉柄には白い開出毛が生える。根生葉は3~5中裂し、裂片はさらに2~3浅裂し、基部は心形、長い葉柄がある。茎葉は上部ほど幅が細く、裂片の数が少ない。花の直径は1.4~2.4㎝。花柄は長さ0.8~10㎝、斜上毛がある。花弁は普通5個、長さ7~12㎜、基部を除いて金属のような光沢があり、黄色、基部に鱗片状の蜜腺がある。雄しべ多数。雌しべ多数。萼片は5個、長さ約5㎜、長い毛があり、早落性。集合果は直径4~6㎜、球形。痩果は長さ1.2~2.8㎜、しわや刺針はない。花柱は長さ0.2~0.4㎜、三角形、宿存する。
 ウマノアシガタの花弁が八重のものはヤエキンポウゲ form. pleniflorus といい、本来はこれをキンポウゲと呼んだ。今ではキンポウゲは母種の別名とされる。
 ミヤマキンポウゲは高山に生え、葉の裂片が狭く、花柱が鉤形に曲がる。
[花期] 4~5月
[草丈] 30~70㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりの良い山野
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 王滝渓谷   05.5.1
TOP Back