チャガヤツリ  茶蚊帳吊
[中国名] 阿穆尔莎草 a mu er suo cao
[英名] Asian flatsedge
[学名] Cyperus amuricus Maxim.
カヤツリグサ科 Cyperaceae  カヤツリグサ属
三河の植物観察
チャガヤツリの花序
チャガヤツリの茎断面
チャガヤツリ果実
チャガヤツリ
チャガヤツリの小穂
 和名はカヤツリグサに似て、鱗片が褐色であることに由来する。葉は根元に少数つき、苞は葉と同じ形で長い。長短、不揃い花序枝の先に固まって小穂を開出してつけ、下部の小穂はやや下向きになる。小穂は長さ0.7~1.2㎝の扁平な線形。鱗片は褐色。鱗片の中肋は緑色で、先が芒状に長く突き出て、やや反り返る。果実は長さ約0.8㎜の倒卵形、断面は3稜形。カヤツリグサよりやや乾燥した場所を好む。
[果期] 7~10月
[草丈] 30~40㎝
[生活型] 1年草
[生育場所] 荒地、道端、畑地
[分布] 在来種  本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、ロシア
[撮影] 名古屋市   10.11.20
TOP Back