ツタ  蔦
[別名] ナツヅタ
[中国名] 地锦 di jin , 爬山虎 pa shan hu
[英名] boston ivy, Japanese-creeper, Japanese-ivy
[学名] Parthenocissus tricuspidata (Sieb. et Zucc.) Planch.
ブドウ科 Vitaceae  ツタ属
三河の植物観察
ツタ紅葉
ツタ果実
ツタ種子
ツタ葉
ツタ葉の鋸歯の小突起
ツタ
ツタの果実
ツタの熟した果実
 巻きひげには吸盤があり、からみつく。葉は2形。花のつく枝の葉は葉柄が長く、大きくて先が3裂する。花のつかない長枝の葉は葉柄が短く、小さくて切れ込みのないものや、3小葉になるものがある。葉縁の鋸歯の先に小突起がある。集散花序に小さな黄緑色の花を多数つける。果実は直径6~9㎜のほぼ球形、種子を1~3個入れ、秋に藍黒色に熟す。2n=40
 ツタウルシは3小葉、幼木は鋸歯があり、ツタによく似ている。鋸歯の先端に小突起があるのがツタで、無いのがツタウルシ。
[花期] 6~7月
[樹高] つる性
[生活型] 落葉性木
[生育場所] 山野の林内、林縁
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 豊川市 09.6.3
TOP Back