ツルアリドオシ  蔓蟻通
[中国名] 蔓虎刺 man hu ci
[学名] Mitchella undulata Sieb. et Zucc.
アカネ科 Rubiaceae  ツルアリドオシ属
三河の植物観察
ツルアリドオシの短花柱花
ツルアリドオシの長花柱花
ツルアリドオシの萼と花柄
ツルアリドオシの果実
ツルアリドオシの果実
ツルアリドオシの葉
ツルアリドオシ
ツルアリドオシ2
ツルアリドオシ花冠横
 茎は4稜形、無毛~ほぼ無毛、刺はなく、地面を這って伸びる。長いものは60㎝ほどになる。葉は対生し、葉柄は長さ3~11㎜、無毛~ほぼ無毛。葉身は長さ 0.2~2.1㎝、幅0.2~1.5㎝の三角状卵形~広卵形、両面とも無毛、縁はときに波打ち、基部は切形又は近楔形~円形、先は尖頭~円頭。側脈は2~3対。托葉は長さ1~1.5㎜。茎頂に白色の筒状花が2個ずつつき、子房下位、2個の花の子房を包む萼が互いに合着する。 花柄は長さ1~12㎜、無毛。萼は子房部分が長さ約2㎜の類球形、萼裂片は長さ0.5~1㎜、三角状。花冠は漏斗形、筒部が長さ9~10㎜、先が4(まれに5)裂し、裂片は長さ4~5㎜、外面は無毛、内面に白毛が密生する。異形花柱性であり、花は短花柱花と長花柱花の2型あり、株ごとにどちらかの型になる。短花柱花は花柱が花冠の中にあり、雄しべ4個が花冠から突き出る。長花柱花は雄しべは見えず、雌しべ1個が花冠から突き出る。花柱の先は4裂する。果実は2果が合着した直径6~8㎜の球形の石果、赤く熟す。2n=22
 木本のアリドオシに花や実がよく似ている。
[花期] 6~7月
[樹高] つる性(長さ10~30㎝)
[生活型] 落葉木
[生育場所] やや湿り気のある木陰
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾
[撮影] 豊田市美並町 02.5.30
TOP Back