ツリガネカズラ  釣鐘葛
[別名] カレーバイン、カレーカズラ、ビグノニア
[英名] crossvine , quartervine , trumpet flower
[学名] Bignonia capreolata L.
ノウゼンカズラ科 Bignoniaceae  ツリガネカズラ属
三河の植物観察
ツリガネカズラの花
ツリガネカズラの花横
ツリガネカズラの雌しべ、雄しべ
ツリガネカズラの萼と雌しべ
ツリガネカズラ巻きひげ2
ツリガネカズラ
ツリガネカズラ葉表
ツリガネカズラ巻きひげ
 蔓性木で長さ10~15mに伸びる。気根を出し、増える。葉は対生し、複葉の小葉の頂小葉は巻きひげに変わり、2小葉の複葉であり、4つの小葉が十字に見えることから、crossvineと呼ばれる。巻きひげは枝分かれし、先には吸盤があり、壁面などでもよじ登ることができる。小葉は長楕円状卵形、長さ7.5~13㎝、幅2.5~5㎝、先は鋭形、基部は心形。花は2~5個、束生し、多数花がつく。花冠は漏斗形(トランペット形)、長さ5~7.5㎝、先が5裂し、外面は橙色~赤橙色~赤色、内面の一部が黄色。野生種は花が濃橙色であるが、栽培種の‘Tangerine Beauty’は外面が橙色であり、ピンク色の園芸品種もある。花にはモカに似た芳香がある。萼は杯形、先がごく浅く5裂する。雄しべ4個、花冠より短く、花冠の上部に接するようにつき、雌しべ側に曲がる。雌しべ1個。花柱は雄しべよりやや長く、花冠の上部に接するようにつく。柱頭は2裂する。蒴果は長さ10~23㎝、扁平なさや形、垂れ下がる。種子は広い翼があり、翼を含めて長さ1.5~2㎝の長楕円形。
 アメリカノウゼンカズラ Campsis radicans は北アメリカ原産であり、花の筒部が長く、直径が小さい。ノウゼンカズラとアメリカノゼンカズラとの交配による園芸種もある。
[花期] 4~5月
[樹高] 蔓性(長さ10~15m)
[生活型] 常緑(半常緑)蔓性木
[生育場所] 庭、公園
[分布] 帰化種 北アメリカ(U.S.A.)原産
[撮影] 豊橋市  16.4.26
TOP Back