トチノキ  栃の木
[英名] Japanese horse chestnut
[学名] Aesculus turbinata Blume
ムクロジ科 Sapindaceae  トチノキ属
三河の植物観察
トチノキの枝先
トチノキ花序
トチノキ葉の鋸歯
トチノキの幹
トチノキ
トチノキ葉
トチノキ小葉
 新分類ではトチノキ科 Hippocastanaceae はムクロジ科に含められた。
 幹は黒褐色、古くなると樹皮が大きく剥がれ落ちる。葉は対生し、小葉が5~9個の掌状複葉。小葉は大きさが異なり、最も大きい中央の小葉は長さ13~30㎝、幅4.5~12㎝の倒卵形、先は急に尖り、基部はしだいに細くなる。側脈は20~30対、ほぼ平行。葉表はほぼ無毛、葉裏は脈上に毛があり、脈腋に毛叢がある。葉縁は波打ち、不整な低い重鋸歯がある。葉柄は長さ5~25㎝、小葉は無柄。雌雄同株、同じ花序に雄花と両性花が混在する。花序は長さ15~25㎝、ほとんど雄花であり、両性花は花序の下部につく。花弁は4個つき、白色、基部に淡紅色の班紋がある。雄しべ7個。雌しべ1個、雄花では退化して短い。萼片5個。蒴果は直径3~5㎝のほぼ球形、表面にいぼ状突起があり、熟すと3裂する。種子は直径3~5㎝、クリを丸くしたような光沢のある褐色、栃の実と呼ばれ、渋抜きして栃餅などの食用にされる。
 セイヨウトチノキ Aesculus hippocastanum はヨーロッパ原産。別名、マロニエ(marronnier)、ウマグリ(horse-chestnut)と呼ばれ、街路樹にされることが多い。小葉は縁が重鋸歯、鋸歯の先が鋭い。蒴果に短い刺がある。
[花期] 5~6月
[樹高] 20~30m
[生活型] 落葉高木
[生育場所] 山地の沢沿い、渓流沿い
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州、四国、九州
[撮影] 豊田市  13.5.22
TOP Back