トモエソウ  巴草
中国名] 黄海棠 huang hai tang
[英名] great St. Johnswort
[学名] Hypericum ascyron L. subsp. ascyron var. ascyron
オトギリソウ科 Clusiaceae (Guttiferae) オトギリソウ属
三河の植物観察
トモエソウ花
トモエソウ花
トモエソウ花横
トモエソウ花後と蕾
トモエソウ果実
トモエソウ茎
トモエソウ
トモエソウ葉表
トモエソウ葉裏
トモエソウ葉表の明点
トモエソウ葉裏の拡大
 オトギリソウの仲間のうち最大。全体に無毛。茎は4稜形。葉は対生し、長さ4~12㎝、幅(0.5)0.7~4㎝の披針形、基部はやや茎を抱く。葉には明点があり、黒点は無い。茎頂で分枝し、直径4.5~8㎝の花を多数つける。花弁5個がねじれ、上から見るとスクリューのような巴形になり、これが和名の由来である。萼片は5個、幅6~10㎜、大きさが不揃い、脈間に明線がある。雄しべは5束に分かれ、多数。花柱の先は5裂する。果実は長さ0.9~2.2(3)㎝、幅5~13㎜、卵形~卵状ピラミッド形、まれに円筒形、萼片の長さの2~3倍。種子は暗赤褐色~黄褐色、長さ1~1.5㎜、竜骨状~狭翼状、種皮は網状。2n=16,18,20,22(普通18)
 オトギリソウ Hypericum erectum は高さ30~70㎝。葉は長さ長さ1.5~5㎝、幅0.8~1.3㎝の狭い三角状卵形~狭長楕円形、黒点と明点がある。花弁や萼片に黒点と黒線がある。2n=16
 オクヤマオトギリ Hypericum erectum var. longistylum は高さ14~40㎝。葉は長さ約3㎝の狭長楕円形、黒点のみがある。花弁にも黒点が見られる。
 シナノオトギリ Hypericum kamtschaticum var. senanense は高さ10~30㎝。葉は長さ1.5~3㎝、葉縁に黒点がある。花弁に黒線があり、萼片に黒点はない。
[花期] 7~8月
[草丈] 50~130㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地、丘陵の向陽地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、モンゴル、ロシア、ベトナム
[撮影] 蓼科高原 03.8.8
静岡県   14.7.4
TOP Back