チカラシバ  力芝
{別名] ミチシバ
{中国名] 狼尾草 lang wei cao
{英名] Chinese fountaingrass, foxtail fountain grass, swamp foxtail
[学名] Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng.
Pennisetum alopecuroides (L.) Spreng. form. purpurascens (Thunb.) Ohwi
イネ科 Poaceae  チカラシバ属
三河の植物観察
チカラシバ花序
チカラシバ小穂
チカラシバ小穂上から
チカラシバ葉
チカラシバ
チカラシバの総苞毛を取り除いた小穂
チカラシバ果実
 秋になると、カゼクサとともに道端でよく見かけられる。和名の由来は根が強く張り、力いっぱい引っ張ってもなかなか抜 けないことから。別名、ミチシバとも呼ばれることがあり、カゼクサも同じ別名である。標準和名がミチシバであるのは別名・ハナビガヤである。
 茎は枝分かれしない。葉は長さ10~80㎝、幅0.3~1㎝。葉舌は長さ0.5~2.5㎜。円柱形の穂状花序は長さ10~20㎝、直径約4㎝。小穂の基部に長さ約2㎝の黒紫色の総苞毛(毛状の総苞)がある。小穂は長さ5~8㎜。第1苞頴は長さ約1.5㎜、0~1脈。第2苞頴は長さ約4㎜、3~5脈。頴果は総苞毛とともに落ちる。2n=18
 総苞毛が淡緑色のものはアオチカラシバといわれている。
 帰化種のエダウチチカラシバは茎が分枝し、花序の枝1本に2~4個の小穂がつき、内側の総苞毛が羽毛状に分岐する。
[花期] 8~10月
[草丈] 15~40㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 道端、草地
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、台湾、インド、インドネシア、マレーシア、ミャンマー、フィリピン、オーストラリア
[撮影] 幸田町 04.10.30
TOP Back