カゼクサ  風草
[別名] ミチシバ
[中国名] 知风草 zhi feng cao
[学名] Eragrostis ferruginea (Thunb.) Beauv.
イネ科 Poaceae  スズメガヤ属
三河の植物観察
カゼクサ花序枝
カゼクサ小穂
カゼクサ葉鞘
カゼクサ根
カゼクサ
カゼクサの小穂と曲った柄
カゼクサの小穂の裏
カゼクサの果実
カゼクサの葉
 秋になるとススキやチカラシバと同時期に花穂が目立つ。道端に生えるネズミノオ、メヒシバなども同時期である。
 根が深く、踏まれても非常に強いため、ミチシバとも呼ばれる。根茎は無い。茎はやや扁平で、直立する。葉はやや硬く、幅2~6㎜、長さ20~40㎝の線形。葉先は内側に丸まり、中間で折れ曲がりやすい。茎は葉より高くなり、長さ20~40㎝の円錐花序に多数、長柄のある小穂をつける。花柄は小穂の長さほどあり、曲がりくねる。小穂は長さ4~6㎜の扁平な長楕円形~披針形、紫色を帯び、5~10個の小花がある。苞頴は披針形、鋭頭で1脈がある。護頴は狭卵形で、3脈。果実は長さ0.9~1.1㎜、厚さ0.3~0.4㎜、左右が狭い扁平なやや角ばった長楕円形、褐色~暗褐色、胚の部分が切り欠きのようになる。2n=80
[花期] 8~10月
[草丈] 50~80㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 日当たりのよい乾いた道端、荒地
[分布] 在来種  本州、四国、九州、朝鮮、中国、インド、ブータン、ネパール、ラオス、ベトナム
[撮影] 蒲郡市金平町  09.9.9
TOP Back