テンニンソウ  天人草
[学名] Leucosceptrum japonicum (Miq.) Kitam. et Murata
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  テンニンソウ属
三河の植物観察
テンニンソウ花序
テンニンソウ花
テンニンソウ苞
テンニンソウ
テンニンソウ葉
テンニンソウ葉鋸歯
 茎は直立し、断面が四角形。茎や花穂軸には星状毛がある。ただし、星状毛がほとんどない場合もある。葉は対生し、長さ10~25㎝の先が尖った長楕円形~広披針形、鋸歯縁、葉柄がある。花は茎頂の長さ5~15㎝の穂状花序につく。小花序ごとに苞がつき、苞は広円形、先が尾状に尖り、早落性。萼は筒状、腺点がある。花冠は淡黄色、腺点と細かい毛がある。雄しべ4個が花冠から突き出し、2個が長い。果実は4分果。
[花期] 8~10月
[草丈] 50~100㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 北海道、本州、四国、九州
[撮影] 美ケ原高原町  09.8.21
TOP Back