シロバナミカエリソウ  白花見返草
[学名] Comanthosphace stellipila (Miq.) S.Moore f. albiflorum (Yatoh) Kitam. et Murata
Leucosceptrum stellipilum (Miq.) Kitam. et Murata f. albiflorum (Yatoh) Kitam. et Murata
シソ科 Lamiaceae (Labiatae)  テンニンソウ属
三河の植物観察
シロバナミカエリソウ花序
シロバナミカエリソウ苞
シロバナミカエリソウ柱頭
シロバナミカエリソウ
シロバナミカエリソウ花2
 ミカエリソウの白花品種。花冠も花糸も白色。テンニンソウは似ているが花が淡黄色、葉はほんとんど無毛、葉裏に星状毛が無い。テンニンソウの白花品種もある。
 【ミカエリソウ】落葉小低木。樹皮は淡灰褐色。高さ40~100㎝。葉は対生し、葉柄がある。葉は葉形に変化があり、楕円形~長楕円形~広卵形、長さ10~20㎝、葉先は微凸形~鋭形、葉の基部は楔形~広楔形、普通、基部を除いて、やや不規則な鈍~鋭鋸歯縁。葉表は無毛、葉裏に細かい白色の星状毛を綿毛状に密生し、とくに脈状に多い。穂状花序は頂生、直立し、円柱形、長さ7~15㎝、紅紫色(花冠の先と花糸の色)の花を多数つける。苞は覆瓦状に多数つき、類円形~扁円形、先は微突形、鱗片状、早落性、苞ごとに3個花がつく。花序の基部の数段の苞には花がつかず、最下の苞の先は長く尖る。花は下部側から順に開花して花序が伸び、苞が落ちると萼と花冠が見えるようになる。萼は緑色、筒状鐘形、先は5歯、歯は短い三角形。花冠は筒形、長さ約1㎝、萼の長さの約2~2.5倍、先は2唇形。雄しべは4個、花筒の中間につき、花糸は紅紫色、花筒から長く突き出る。花筒内部の雄しべのつく位置に環状に毛が有る。雌しべは1個、花柱は細く、紅紫色、先は2裂し、裂片は錐形。小堅果は3稜状。花期は9~10月
[花期] 9~10月
[草丈] 40~100㎝
[生活型] 低木又は亜低木
[生育場所] 山地の林内、林縁
[分布] 在来種(日本固有種) 本州(長野県・愛知県~岡山県)
[撮影] 猿投山  17.10.04
TOP Back