テイカカズラ  定家葛
[別名] マサキノカズラ
[中国名] 亚洲络石 ya zhou luo shi
[英名] Asiatic jasmine, Asian jasmine, yellow star jasmine
[学名] Trachelospermum asiaticum (Siebold et Zucc.) Nakai
キョウチクトウ科  Apocynaceae  テイカカズラ属
三河の植物観察
テイカカズラの花
テイカカズラの萼
テイカカズラ枝の毛
テイカカズラの果実
テイカカズラの裂開した果実
テイカカズラ
テイカカズラ葉表
テイカカズラ葉裏
テイカカズラ地を這う蔓の葉
テイカカズラの冠毛を取った種子
 和名の由来は歌人の藤原定家にちなんでつけられたものである。茎の途中から気根を出し、木や岩壁を這って広がり、枝には淡褐色~褐色の毛が密生する。葉は長さ2~10㎝、幅1~5㎝、全縁、革質で光沢がある。葉裏は黄緑色、緑色の葉脈が細脈までまで明瞭に見え、普通、無毛でわずかな短毛が見られることもある。枝葉は楕円形でやや大きく、地を這うつるの葉は小形で波状の浅鋸歯があり、淡緑色の脈状斑紋が見られる。集散花序に白花が多数つく。花高杯形。筒部は長さ7~8㎜。先は5裂し、直径2~3㎝、風車のような形であり、基部が橙黄色。萼片は長さ2~3㎜の広披針形。果実は細長い二又の袋果、長さ10~30㎝になる。種子は長さ15~25㎜の線形、先端に長い種髪(冠毛状の長毛)がある。2n=20
 チョウセンテイカカズラ var.glabrum は無毛品であり、変種として分類されている。変化が連続的であり、区別が難しい。
 チョウジカズラ var. majus は海岸に生え、葉と花が大きい。花は直径3㎝以上になる。
 ケテイカカズラ T. jasminoides は葉裏や萼などに毛が多く、萼片が5~6㎜と長い。花冠が白色、基部が黄色。
 サカキカズラは葉裏の細脈が不明瞭であり、花が小さく、花冠の裂片が捻じれて幅が狭く見える。果実が太く、2個が左右に水平に開いてつき、種子の幅が広い。
[花期] 5~6月
[樹高] つる性(~10m)
[生活型] 常緑蔓性低木
[生育場所] 山野、林下
[分布] 在来種 日本、朝鮮、中国、インド、タイ
[撮影] 蒲郡市  11.6.14
TOP Back