サカキカズラ  榊葛
[別名] マサキカズラ
[中国名] 鳝藤 shan teng
[学名] Anodendron affine (Hook. et Arn.) Drucei
キョウチクトウ科  Apocynaceae  サカキカズラ属
三河の植物観察
サカキカズラの花
サカキカズラの花の毛
サカキカズラの花横
サカキカズラの果実
サカキカズラの種子
サカキカズラの蔓
サカキカズラ
サカキカズラ花序
サカキカズラの裂開した果実
サカキカズラ葉表
サカキカズラ葉表2
サカキカズラ葉裏
 枝は淡灰色。葉は長さ3~14㎝、幅1~2.5㎝の狭長楕円形~狭卵形、全縁、葉先は尖り、基部は楔形、全縁、側脈は6~12対、紙質~革質で光沢がある。葉裏は淡緑色、側脈は薄く見えるが、細脈が不明瞭。葉柄は長さ0.5~2㎝。集散花序に淡黄色の花が多数つく。花冠は直径8~10㎜の高杯形、筒部は長さ3~4.5㎜、先が5裂し、裂片が捻じれて幅が狭く見える。萼片は長さ2~3㎜の卵形。果実(袋果)は長さ8~13㎝、幅1.6~3㎝の細い円錐形、2個が基部でつながり、水平に開く。種子は長さ1.5~2㎝、幅6~10㎜、扁平、先端に長さ約6㎝の種髪(長毛)がある。
 テイカカズラ Trachelospermum asiaticum は葉幅がやや広く、葉裏の緑色の細脈が明瞭に見える。花冠が白色、裂片の幅がやや広い。袋果は細長く、二又に垂れ下がり、裂開してからは捻じれる。種子が細い。
 チョウセンテイカカズラ T. asiaticum var.glabrum は無毛品であり、変種として分類されている。変化が連続的であり、区別が難しい。
 チョウジカズラ T. asiaticum var. majus は海岸に生え、葉と花が大きい。花は直径3㎝以上になる。
 ケテイカカズラ T. jasminoides は葉裏や萼などに毛が多く、萼片が5~6㎜と長い。花冠が白色、基部が黄色。
[花期] 4~6月
[樹高] つる性(4~10m)
[生活型] 常緑蔓性低木
[生育場所] 山野、林下
[分布] 在来種 本州(千葉県以西)、四国、九州、沖縄、中国、台湾、インド、ベトナム
[撮影] 田原市  14.5.20
TOP Back