タラノキ  
[別名] タランボ
[中国名] 楤木 cong mu
[英名] Chinese angelica-tree, Japanese angelica-tree, Japanese aralia
[学名] Aralia elata (Miq.) Seem.
ウコギ科 Araliaceae  タラノキ属
三河の植物観察
タラノキの花
タラノキ果実
タラノキの冬芽
タラノキの幹
タラノキの葉
タラノキ
タラノキ果実
タラノキ種子
 幹や枝に扁平な鋭い刺があり、葉柄や小葉の軸にも刺がある。葉は互生し、長さ50~100㎝の2回羽状複葉。小葉は長さ5~10cmの卵形~楕円形、縁には鋸歯があり、先が尖る。雌雄同株。幹の頂部に大きな複散形花序を出し、淡緑色の花を多数つける。果実は直径約4㎜の液果、秋に黒色に熟す。種子は長さ約2㎜、褐色。新芽はタラの芽と呼ばれ、山菜として食べられ、最近ではよく栽培されるようになった。刺のない品種はメダラと呼ばれ、これを栽培することが多い。2n=24
[花期] 8~9月
[樹高] 2~6m
[生活型] 落葉低木
[生育場所] 山林、林縁、荒地
[分布] 在来種 北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、ロシア
[撮影] 設楽町  07.9.8
TOP Back