タカネヨモギ  高峰蓬
[学名] Artemisia sinanensis Y.Yabe
キク科  Asteraceae (Compositae)  ヨモギ属
タカネヨモギの花
タカネヨモギの花
タカネヨモギの茎
タカネヨモギ
タカネヨモギの葉
 茎は斜上し、ほとんど分枝しない。葉は長さ10~15㎝、3回羽状に全裂し、細かく切れ込み、裂片は幅が細く、コスモスの葉のようになる。葉柄は長さ3.5~7㎝、茎上部の葉柄は短い。茎頂の総状花序と葉腋から伸ばした枝に、花を横~下向きに多数つける。頭花は幅8~12 ㎜、総苞は半球形、総苞片は3列。痩果は無毛。
 ミヤマオトコヨモギは葉がさじ形。頭花は似ているが、やや小さい。
[花期] 7~8月
[草丈] 20~50㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 高山の草地、礫地
[分布] 在来種(日本固有種)  本州(中部地方の高山帯)
[撮影] 千畳敷   06.8.8
TOP Back