シャクジョウソウ  錫杖草
[中国名] 松下兰 song xia lan
[英名] pinesap, Dutchman's pipe
[学名] Monotropa hypopitys L.
ツツジ科 Ericaceae  シャクジョウソウ属
シャクジョウソウ
シャクジョウソウ花
シャクジョウソウ
 イチヤクソウ科 Pyrolaceae はツツジ科に統合された。
 和名の由来は花が下向きに多数つき、山伏の持つ錫杖に似ていることから。葉緑素のない腐生植物。白銀色のギンリョウソウとよく似ていて淡黄褐色。茎に鱗片葉が互生し、茎頂に花が総状に3~10個つく。花が終わり、果期になるとアキノギンリョウソウと同じように、下向きから上向きになる。2n=48
 ギンリョウソウは花が1個ずつしかつかない。
[花期] 5~8月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地のやや暗い場所
[分布] 在来種  北海道、本州、四国、九州、朝鮮、中国、台湾、モンゴル、ロシア、インド、ブータン、パキスタン、ミャンマー、タイ、西南アジア、ヨーロッパ、北アメリカ
[撮影] 志賀高原  05.8.1
TOP Back