アキノギンリョウソウ  秋銀竜草
[別名] ギンリョウソウモドキ 銀竜草擬
[中国名] 水晶兰 shui jing lan
[英名] Indianpipe , ghost pipe
[学名] Monotropa uniflora L.
ツツジ科 Ericaceae  シャクジョウソウ属
三河の植物観察
アキノギンリョウソウ初期
アキノギンリョウソウの秋
アキノギンリョウソウ
 イチヤクソウ科 Pyrolaceae はツツジ科に統合された。
 和名の由来はギンリョウソウに似て秋に花をつけることから。木陰に群生する光合成を行わない腐生植物である。葉緑素が全くないため、全体が白色。花は後に上向きになり、茶褐色に変色して、春まで残る。果実は長さ1~1.5㎝。2n=32。
[花期] 9~10月
[草丈] 10~20㎝
[生活型] 多年草
[生育場所] 山地の林内
[分布] 在来種  日本全土、朝鮮、中国、インド、ブータン、ネパール、バングラデシュ、南北アメリカ
[撮影] 面ノ木原生林   03.9.17
TOP Back